ソーシャル

ZEPETOタスク分解(12)

スポンサーリンク

ついにZEPETO全工程のタスク分解が終わり、粗粗作業量が計算できました。

総作業量1488.37日分、つまり、人月を平均80万円と想定した場合、約3,970万円程の開発費用となります。

デバック、企画の検討時間なども追加していますが、さらにここには、作業ステップの問題で、空き時間が発生している人にも別途お金を払わなければいけない人的リソースの確保維持の問題や運営上の継続維持するための機器・クラウドの購入などの別費用も発生してしまいます。

特に、人的リソースの確保のための資金は想定しずらいので、次回はタスク分解図をさらにPERT図にして、どれだけブレが発生しそうか確認して見ます。

 

人気の記事

1

コロナによる需要変化 コロナパンデミックの影響で、人々は外に出られなくなり、自宅で過ごす時間が増えました。 この自粛ムードの中、下記のようなビジネスの需要変化が引き起こされています。 【利用者減少】 ...

2

米国レストランの決済時に毎日お世話になっていた「Square」のビジネスモデルについて本日はふれていきたいと思います。 「Square」とは、ネットにつながったモバイル端末と専用のカードリーダーを用意 ...

3

無料でネットショップを開けるアプリとして多くの人に驚きを与えたBASE株式会社が、2019年10月25日東証マザーズに上場しました。2020年2月時点で90万店を超えるショップを抱えるまでに成長してい ...

4

2011年にサービスを開始してから圧倒的な成長率を誇るインテリア通販サイト 【FLYMEe/フライミー】を皆さんご存じでしょうか。 「自分のイメージするインテリア、本当に欲しいインテリアがどこにあるの ...

5

ナイキのSNKRSが、なぜこれほどまでに人気なのか?調べてみました。 きっかけは米国での友達との会話。彼は自分のシューズをみせて、「これ20万円もしたんだぜ。」と語ってくれました。 あまり靴に興味がな ...

-ソーシャル
-,

Copyright© BUSINESS HACKER , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.