Blockchain code Metaverse VR

Unity×VR×Blockchain(316)

スポンサーリンク

//tips

//基本情報理解

購入したプログラムの改変は自身で効果的に利用するために改変することは著作権法に違反しない。

ソフトウェアやデータのような無形物は基本的には製造物責任法PL法の対象とはならない。ただ、ソフトウェアを内蔵した組み込み機器など製品と一体化している場合はPL法の対象となる。

10進数から8進数への変換は2進数と同様に10進数のxをすだれ算を使って8割っていき、8で割れなくなるまで割ったら、次は8で割っていった商と余りの数を下から上にかけていく。

8進数から10進数への変換の場合は、桁に対応した重みが必要となるため指数を使う。この際に8の階乗で考える必要がある。

例えば、64を変換する場合には、

1桁目は、8^0=1
2桁目は、8^1=8
3桁目は、8^2=64
4桁目は、8^3=512

となるため、2桁目の6を8^1と、1桁目の4を8^0と掛け合わせてそれぞれ足す。これにより、8進数の64は、10進数では52となる。

M/M/1は、それぞれ、到着/サービス/窓口数を表し、到着はポアソン分布に従い、サービスは指数分布に従う。

コンビニの例で考えると、ポアソン分布はお客さんが店に入ってくる頻度で、指数分布はレジがお客さんをさばく頻度となる。

式をまた忘れてしまったので書いておく。

混み具合をρとすると

待ち人数 = ρ/(1-ρ) [人分]

これは、自分の前にはすでにρ/(1-ρ)人が並んで待っているということを表す。

窓口利用率ρ=到着頻度(人/時間)/サービス処理能力(人/時間)

平均待ち時間=待ち人数×処理能力(分)

平均応答時間は、ATM装置の行列に並び始めてから、自分の処理が終了するまでの時間なので、先に求めた平均待ち時間に、自分の処理にかかる時間を加える。

リアルタイムシステムとは、時間の経過や外部環境の変化に応じて即座に応答するシステムの総称で、タスクに対してx秒以内に応答するという時間制約を設けている。

//unity/shopify

コードを確認しているとShopifyの画像などは取り込むというよりも、同じものをunityに手張り付けており、IDなどでshopify側のカート・決済情報などと連動させるような形であることがわかってきた。

ShopifyBuy.Client().products((products, error) => {の中身を一部改良。

ShopifyBuy.Client().products((products, error, after) =>
{
if (error != null)
{
Debug.Log("Encountered an SDK Error");
return;
// it's unlikely but if an invalid GraphQL query was sent a list of errors will be returned
}

Cart cart = ShopifyBuy.Client().Cart();
List<ProductVariant> firstProductVariants = (List<ProductVariant>)products[0].variants();
ProductVariant firstProductFirstVariant = firstProductVariants[0];

// The following example adds a line item using the first product's first variant
// in this case the cart will have 1 copy of the variant

cart.LineItems.AddOrUpdate(firstProductFirstVariant, 1);

// The following line will get a checkout url using the above line items and open the url in browser
cart.CheckoutWithNativeWebView(
success: () => {
Debug.Log("User finished purchase/checkout!");
},
cancelled: () => {
Debug.Log("User cancelled out of the web checkout.");
},
failure: (e) => {
Debug.Log("Something bad happened - Error: " + e);
}
);

これを実行するとNotImplementedException: The method or operation is not implemented.の表示が現れた。

shopify.Unity.Cart.CheckoutWithNativeWebView (System.Action success, System.Action cancelled, System.Action`1[T] failure) (at Assets/Shopify/Unity/Cart.cs:293)

Cart.CheckoutWithNativeWebViewが実行されないよう。コードを確認していく。puroductidlog閲覧とブラウザが開かれるはずだが表示されない要因を探る。

https://www.shopify.com/partners/blog/using-shopify-unity-buy-sdk

人気の記事

1

コロナによる需要変化 コロナパンデミックの影響で、人々は外に出られなくなり、自宅で過ごす時間が増えました。 この自粛ムードの中、下記のようなビジネスの需要変化が引き起こされています。 【利用者減少】 ...

2

米国レストランの決済時に毎日お世話になっていた「Square」のビジネスモデルについて本日はふれていきたいと思います。 「Square」とは、ネットにつながったモバイル端末と専用のカードリーダーを用意 ...

3

無料でネットショップを開けるアプリとして多くの人に驚きを与えたBASE株式会社が、2019年10月25日東証マザーズに上場しました。2020年2月時点で90万店を超えるショップを抱えるまでに成長してい ...

4

2011年にサービスを開始してから圧倒的な成長率を誇るインテリア通販サイト 【FLYMEe/フライミー】を皆さんご存じでしょうか。 「自分のイメージするインテリア、本当に欲しいインテリアがどこにあるの ...

5

ナイキのSNKRSが、なぜこれほどまでに人気なのか?調べてみました。 きっかけは米国での友達との会話。彼は自分のシューズをみせて、「これ20万円もしたんだぜ。」と語ってくれました。 あまり靴に興味がな ...

-Blockchain, code, Metaverse, VR
-, ,

Copyright© BUSINESS HACKER , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.