Blockchain code Metaverse VR

Unity×VR×Blockchain(254)

スポンサーリンク

//tips

//php理解

ボタンクリックを区別することはできるので、formではなく任意の画面に飛ばせるheader(‘Location:~~’)を使用して任意の画面に飛ばしてみる。

header(‘Location:飛ばしたい画面のURL’)で実行できるが、headerの前にスクリプトがない場合は実行されるが、そうでない場合は実行されないという癖が強いものなので注意して使うようにする。

<?php
if(isset($_POST['edit'])==true){

header('Location:staff_edit.php');
exit();
}

if(isset($_POST['delete'])==true){

header('Location:staff_delete.php');
exit();

}
?>

修正画面にスタッフデータに送りたいのでそちらの機能も追加していく。その際にはURLパラメータをGETで読み取る形にする。

POST方式は<form>タグで送り、$POSTで受け取る形にするが、URLパラメータで送り、$GETで受け取る形にすることもできる。ただ、GETの場合はURLの?以降に受け取りデータが丸見えになるので、見られても良いデータしか扱えない。

下記のように送付元と送付先のスクリプトがかかれる。

元:
header('Location:staff_edit.php?staffcode=3’);

先:
$staff_code=$_GET[‘staffcode’];

なので、下記の形に変更。

<?php
if(isset($_POST['edit'])==true){

$staff_code=$_POST['staffcode'];
header('Location:staff_edit.php?staffcode='.$staff_code);
exit();
}

if(isset($_POST['delete'])==true){

$staff_code=$_POST['staffcode'];
header('Location:staff_delete.php?staffcode='.$staff_code);
exit();

}
?>

送信元についての記載ができたので、今度は送信先のスクリプトを調整する。POSTからGETに変更。$staff_code=$_GET['staffcode'];

ついでにNG画面も作成し、何も選択せずにボタンを押した場合に遷移させる。

<body>
スタッフが選択されていません。<br/>
<a href="staff_list.php">戻る</a>
</body>

削除機能の方には消す前にyes/noを確認するようにしていく。
$sql = 'DELETE FROM mst_staff WHERE code=?’;のように

DELETE FROM テーブル名 WHERE 条件

で削除できる。この方法だと不正削除ができてしまうので別の機会にCSRF脆弱性の対処方法を確認する。今は一旦保留にしておく。

少しずつ企業の業務アプリケーションの原型ができてきた。基本的にはメニュー画面から一覧画面、そこから参照・追加・修正・削除画面へと相互に行ったりきたりするもの。

一人の内容をもう少し詳細にみるためには参照ページが必要となるのでそちらも確認していく。

スタッフ修正を参考に参照も下記のように作成。一部htmlを変更しただけで作成可能。

<body>
<?php

try{
$staff_code=$_GET['staffcode'];

$dsn='mysql:dbname=shop;host=localhost;charset=utf8';
$user='root';
$password='';
$dbh=new PDO($dsn,$user,$password);
$dbh->setAttribute(PDO::ATTR_ERRMODE,PDO::ERRMODE_EXCEPTION);

$sql='SELECT name FROM mst_staff WHERE code=?';
$stmt=$dbh->prepare($sql);
$data[]=$staff_code;
$stmt->execute($data);

$rec=$stmt->fetch(PDO::FETCH_ASSOC);
$staff_name=$rec['name'];

$dbh=null;

}catch(Exception $e){

print'ただいま障害により大変ご迷惑をおかけしております';
exit();
}

?>

スタッフ情報参照<br/>
<br/>
スタッフコード<br/>
<?php print $staff_code;?>
<br/>
スタッフ名<br/>
<?php print $staff_name;?>
<br/>
<br/>
<form>
<input type="button" onclick="history.back()" value="戻る">
</form>

</body>

これでスタッフ管理ができるようになったので、今度は商品管理の仕組みを作っていく。

 

人気の記事

1

コロナによる需要変化 コロナパンデミックの影響で、人々は外に出られなくなり、自宅で過ごす時間が増えました。 この自粛ムードの中、下記のようなビジネスの需要変化が引き起こされています。 【利用者減少】 ...

2

米国レストランの決済時に毎日お世話になっていた「Square」のビジネスモデルについて本日はふれていきたいと思います。 「Square」とは、ネットにつながったモバイル端末と専用のカードリーダーを用意 ...

3

無料でネットショップを開けるアプリとして多くの人に驚きを与えたBASE株式会社が、2019年10月25日東証マザーズに上場しました。2020年2月時点で90万店を超えるショップを抱えるまでに成長してい ...

4

2011年にサービスを開始してから圧倒的な成長率を誇るインテリア通販サイト 【FLYMEe/フライミー】を皆さんご存じでしょうか。 「自分のイメージするインテリア、本当に欲しいインテリアがどこにあるの ...

5

ナイキのSNKRSが、なぜこれほどまでに人気なのか?調べてみました。 きっかけは米国での友達との会話。彼は自分のシューズをみせて、「これ20万円もしたんだぜ。」と語ってくれました。 あまり靴に興味がな ...

-Blockchain, code, Metaverse, VR
-, ,

Copyright© BUSINESS HACKER , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.