code VR

Unity×VR(82)

スポンサーリンク

//tips

//particleのスクリプト起動

Particleをスクリプトで起動する方法も確認しておく。

初期時にオンになっているPlay On Awakeを外し、下記スクリプトをParticleにアタッチ。ParticleOn()メソッドをボタンのonclickに設定した。

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class ParticlePlay : MonoBehaviour
{
private ParticleSystem particle;

void Start()
{
particle = GetComponent<ParticleSystem>();
particle.Stop();
}

public void ParticleOn()
{
particle.Play();
StartCoroutine("PartcleStop");
}

private IEnumerator PartcleStop()
{
yield return new WaitForSeconds(2);
particle.Stop();
}
}

//オブジェクトの段階的縮小・拡大

オブジェクトを徐々に小さくしたり、大きくしたりする機能を考える。

下記のスクリプトをcubeにアタッチし、ボタンによりOnStretch()/OnShrink()を実行するようにした。ShrinkEffect()の場合は最小値が0にならないようにloopを1から始めている。

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class Shrinkingfunc : MonoBehaviour
{

public void OnStretch()
{
StartCoroutine("StretchEffect");

}

public void OnShrink()
{
StartCoroutine("ShrinkEffect");

}

IEnumerator ShrinkEffect()
{
// 繰り返し回数
int loopcount = 10;

// 更新間隔
float waitsecond = 0.5f;

// スケール設定
// オフセット値
float offsetScale = 1.0f / loopcount;
// 更新値
float updateScale = 1;

// オブジェクトの有効化
transform.localScale = new Vector3(1.0f, 1.0f, 1.0f);

for (int loop = 1; loop < loopcount; loop++)
{
// スケール更新
updateScale = updateScale - offsetScale;
transform.localScale = new Vector3(updateScale, updateScale, updateScale);
yield return new WaitForSeconds(waitsecond);
}
// 最終スケール
transform.localScale = new Vector3(offsetScale, offsetScale, offsetScale);
}

IEnumerator StretchEffect()
{
// 繰り返し回数
int loopcount = 10;

// 更新間隔
float waitsecond = 0.5f;

// スケール設定
// オフセット値
float offsetScale = 1.0f / loopcount;
// 更新値
float updateScale = 0;

// オブジェクトの有効化
transform.localScale = new Vector3(0.0f, 0.0f, 0.0f);

for (int loop = 0; loop < loopcount; loop++)
{
// スケール更新
updateScale = updateScale + offsetScale;
transform.localScale = new Vector3(updateScale, updateScale, updateScale);
yield return new WaitForSeconds(waitsecond);
}
// 最終スケール
transform.localScale = new Vector3(1.0f, 1.0f, 1.0f);
}

}

コライダーも小さくしようか考えたが、流石に他のプレイヤーとの兼ね合いもあるので従来の大きさのままにしている。場合によっては、コライダーのサイズも一緒に小さくする。

次にオブジェクトのRendererを変更し、透過させるようにする。透過のスクリプトをアタッチする際にはオブジェクトのmaterialのrenderingモードを事前にOpaque以外に設定しておく。今回はFadeに設定して実行した。

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class TransparentEffect : MonoBehaviour
{
Color color;

void Start()
{
color = GetComponent<Renderer>().material.color;
OnTransparent();
}

public void OnTransparent()
{
StartCoroutine("TransparentEffectOn");
}

IEnumerator TransparentEffectOn()
{
// 繰り返し回数
int loopcount = 10;

float waitsecond = 0.5f;

float offsetcolor = 1.0f / loopcount;
// 更新値
float updatecolor = 1;

// オブジェクトの有効化
color.a = 1;

for (int loop = 1; loop < loopcount; loop++)
{
// スケール更新
updatecolor = updatecolor - offsetcolor;
color.a = updatecolor;
GetComponent<Renderer>().material.color = color;

yield return new WaitForSeconds(waitsecond);
}
// 最終
yield return new WaitForSeconds(1);
color.a = 1;
GetComponent<Renderer>().material.color = color;
}
}

次はMinimapで作成したレーダーの索敵範囲から外れる方法を模索する。

基本的にはプレイヤーなどのオブジェクトの子要素にminmapに表示するためのminimaplayerをつけた色付きオブジェクトを配置しているが、そのminimaplayerをmaincameraの描写layerでもminimapcameraのlayerでもないものに変えることで、レーダーに引っかからない方法を実現する。

下記スクリプトをminimaplayerをつけた色付きオブジェクトにアタッチし、ボタンで Layerchange()を発動できるようにする。

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class ChangeLayer : MonoBehaviour
{
public void Layerchange()
{
this.gameObject.layer = LayerMask.NameToLayer("Water");
}

}

人気の記事

1

コロナによる需要変化 コロナパンデミックの影響で、人々は外に出られなくなり、自宅で過ごす時間が増えました。 この自粛ムードの中、下記のようなビジネスの需要変化が引き起こされています。 【利用者減少】 ...

2

米国レストランの決済時に毎日お世話になっていた「Square」のビジネスモデルについて本日はふれていきたいと思います。 「Square」とは、ネットにつながったモバイル端末と専用のカードリーダーを用意 ...

3

無料でネットショップを開けるアプリとして多くの人に驚きを与えたBASE株式会社が、2019年10月25日東証マザーズに上場しました。2020年2月時点で90万店を超えるショップを抱えるまでに成長してい ...

4

2011年にサービスを開始してから圧倒的な成長率を誇るインテリア通販サイト 【FLYMEe/フライミー】を皆さんご存じでしょうか。 「自分のイメージするインテリア、本当に欲しいインテリアがどこにあるの ...

5

ナイキのSNKRSが、なぜこれほどまでに人気なのか?調べてみました。 きっかけは米国での友達との会話。彼は自分のシューズをみせて、「これ20万円もしたんだぜ。」と語ってくれました。 あまり靴に興味がな ...

-code, VR
-,

Copyright© BUSINESS HACKER , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.