code VR

Unity×VR(182)

スポンサーリンク

//tips

//微調整

ゴーレムの攻撃判定はかなり改善されたが、プレイヤーを捉えてからパンチモーションをし続ける時間が少し長く感じる。

Waitstateにとどまる時間を制御するwaittimeの時間を短くする。

また、SearchCharacterスクリプトのexitの条件がwaitになっており、パンチモーションをオフにするトリガーが含まれていないことからずっとモーションが続いていた。

Walkにstateを変更することでパンチモーションをオフにし、chase状態もリセットする。

void OnTriggerExit(Collider col)
{
if (col.tag == "Player")
{
moveEnemy.SetState(MoveEnemy.EnemyState.Walk);//waitから変更
}
}
こちらで試したら懸念していたwaitとwalkの同時に呼ばれる現象とコライダーがオンのままになってしまう事象が確認できたので元に戻す。

範囲外に出ているのでboolも全てオフにするようにコード追加した。

void OnTriggerExit(Collider col)
{
if (col.tag == "Player")
{
moveEnemy.SetState(MoveEnemy.EnemyState.Wait);
moveEnemy.punchflag = false;
moveEnemy.onchase = false;
moveEnemy.animator.SetBool("PunchAttackB", false);
}
}

これでゴーレムからのダメージ判定はかなり改善された。

次はdestroyされた後のカメラの視野の確保を考えていく。

現在は高所にあるmaincameraの視野に変わってしまっているので、これをプレイヤーの視野に変えていきたい。

現在活動しているプレイヤーの視野に変えるか、自分自身のカメラを再度instantiateしてそちらで周りの様子を伺えるようにする仕様に変更する。

まずは自分のカメラをinstantiateできないか考えてみる。

これはHPscript2のif (hp <= 0)条件下にプレイヤーであった場合、カメラ体でinstantiateされるようにコードを記載していく。

if (this.gameObject.tag == “Player")
{
Vector3 pos = this.gameObject.transform.position;
PhotonNetwork.Instantiate("Ghostcamera",pos,Quaternion.identity);
}

きちんと生成できたのでy軸ポジションを調整し、操作できるようにplayermoveスクリプトをアタッチした。

人気の記事

1

コロナによる需要変化 コロナパンデミックの影響で、人々は外に出られなくなり、自宅で過ごす時間が増えました。 この自粛ムードの中、下記のようなビジネスの需要変化が引き起こされています。 【利用者減少】 ...

2

米国レストランの決済時に毎日お世話になっていた「Square」のビジネスモデルについて本日はふれていきたいと思います。 「Square」とは、ネットにつながったモバイル端末と専用のカードリーダーを用意 ...

3

無料でネットショップを開けるアプリとして多くの人に驚きを与えたBASE株式会社が、2019年10月25日東証マザーズに上場しました。2020年2月時点で90万店を超えるショップを抱えるまでに成長してい ...

4

2011年にサービスを開始してから圧倒的な成長率を誇るインテリア通販サイト 【FLYMEe/フライミー】を皆さんご存じでしょうか。 「自分のイメージするインテリア、本当に欲しいインテリアがどこにあるの ...

5

ナイキのSNKRSが、なぜこれほどまでに人気なのか?調べてみました。 きっかけは米国での友達との会話。彼は自分のシューズをみせて、「これ20万円もしたんだぜ。」と語ってくれました。 あまり靴に興味がな ...

-code, VR
-,

Copyright© BUSINESS HACKER , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.