code VR

Unity×VR(172)

スポンサーリンク

//tips

//微調整

シーン参加時の問題は解決したのでプレイヤーの挙動スピードの調整に入っていく。以前スピードを増やした際に攻撃判定がうまく入らなかった問題を解決していく。

調整のためenv2シーンのSampleSceneenv2スクリプトを再度オンにして、1プレイヤーのみの挙動確認を行なっていく。

loadingCanvasをオフにする。

行動スピードをインスペクター上で10にしても問題なくダメージ判定が生じた。

instantiateされるprefabインスペクターのenvplaymove5スクリプト変数speedupを10に設定。

4画面運用で問題が生じていないか確認する。

基本的には問題ないが、なかなか攻撃が当てづらいので速度をもう少し下げることにする。

あとは、プレイヤーを動かして問題が発生していないかの確認とオブジェクトデザイン調整を行なっていく。

ゴーレムを倒した際にsoulを落としたが、そのソウルが突如消失し、カウントもプラスになっていなかったので要因を特定していく。

macのupdateなどを行なっているうちにQuickTimeが再度使用できるようになったので、そちらを使用する。やはりQuickTimeとimovieの連携が一番使いやすい。

人気の記事

1

コロナによる需要変化 コロナパンデミックの影響で、人々は外に出られなくなり、自宅で過ごす時間が増えました。 この自粛ムードの中、下記のようなビジネスの需要変化が引き起こされています。 【利用者減少】 ...

2

米国レストランの決済時に毎日お世話になっていた「Square」のビジネスモデルについて本日はふれていきたいと思います。 「Square」とは、ネットにつながったモバイル端末と専用のカードリーダーを用意 ...

3

無料でネットショップを開けるアプリとして多くの人に驚きを与えたBASE株式会社が、2019年10月25日東証マザーズに上場しました。2020年2月時点で90万店を超えるショップを抱えるまでに成長してい ...

4

2011年にサービスを開始してから圧倒的な成長率を誇るインテリア通販サイト 【FLYMEe/フライミー】を皆さんご存じでしょうか。 「自分のイメージするインテリア、本当に欲しいインテリアがどこにあるの ...

5

ナイキのSNKRSが、なぜこれほどまでに人気なのか?調べてみました。 きっかけは米国での友達との会話。彼は自分のシューズをみせて、「これ20万円もしたんだぜ。」と語ってくれました。 あまり靴に興味がな ...

-code, VR
-,

Copyright© BUSINESS HACKER , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.