code VR

Unity×VR(165)

スポンサーリンク

//tips

//微調整

Room1,2,3,4でばらけて入退室させるとロビーの認識がうまくいかないので要因を突き止める。

それぞれのルームのカウントを取得する方はシンプルなので、加算・減算処理を行った際のroomの振り分けが問題になっている可能性が高い。

PlusNumber・MinusNumberのメソッド処理の中にnumberを確認するデバッグを入れる。

MinusNumber(int number)処理がうまくできていないことがわかった。OnPlayerLeftRoomは他のシーンでの退室反応であり、自シーンの変数の値をマイナスできていなかった。

代わりにOnLeftRoommメソッド内で行えないか考えたが、このコールバックが呼ばれている時点で既に退出済みなのでPhotonNetwork.CurrentRoom.Nameなどは使用できない。

退室ボタンにplayers0~4の変数のマイナス処理を同期させるメソッドを追加する形で対処する。

public void GetMinus(int x)
{
photonView.RPC(nameof(MinusNumber), RpcTarget.AllViaServer, x);
}

public void MinusNumber(int number)が実行される前にルームを退出してしまっているのでこちらは実行されなかった。

なので、退出プレイヤーとそれ以外で異なる処理を行う。

public void GetMinus(int x)
{
MinusNumber(x);
}
退出プレイヤーは変数をマイナスするメソッドを自シーンのみで行えば良い。

退出通知を受け取るシーンについての対処を考える。退出通知を受け取ったら自分のシーンのplayers0~4の変数から1引き、それを反映させれば良い。

public override void OnPlayerLeftRoom(Player otherPlayer)以下を変更の上復活させる。

同一ルームの退出者で考えているので OnPlayerLeftRoom(Player otherPlayer)が別のルームの退出も通知しないかだけ気にしておく。

public override void OnPlayerLeftRoom(Player otherPlayer)
{
Debug.Log("OnPlayerLeftRoom");

if (PhotonNetwork.CurrentRoom.Name == "Env2")
{
players0 = int.Parse(countbuttontext[0].GetComponent<Text>().text.Substring(0, 1));// + PhotonNetwork.CurrentRoom.MaxPlayers;
MinusNumber(0);
}

if (PhotonNetwork.CurrentRoom.Name == "env22")
{
players1 = int.Parse(countbuttontext[1].GetComponent<Text>().text.Substring(0, 1));// + PhotonNetwork.CurrentRoom.MaxPlayers;
MinusNumber(1);
}

if (PhotonNetwork.CurrentRoom.Name == "env23")
{
players2 = int.Parse(countbuttontext[2].GetComponent<Text>().text.Substring(0, 1));// + PhotonNetwork.CurrentRoom.MaxPlayers;
MinusNumber(2);
}

if (PhotonNetwork.CurrentRoom.Name == "4")
{
players3 = int.Parse(countbuttontext[3].GetComponent<Text>().text.Substring(0, 1)); ;// + PhotonNetwork.CurrentRoom.MaxPlayers;
MinusNumber(3);
}

if (PhotonNetwork.CurrentRoom.Name == "5")
{
players4 = int.Parse(countbuttontext[4].GetComponent<Text>().text.Substring(0, 1));// + PhotonNetwork.CurrentRoom.MaxPlayers;
MinusNumber(4);
}
}

こちらで問題なく反映させることができた。

人気の記事

1

コロナによる需要変化 コロナパンデミックの影響で、人々は外に出られなくなり、自宅で過ごす時間が増えました。 この自粛ムードの中、下記のようなビジネスの需要変化が引き起こされています。 【利用者減少】 ...

2

米国レストランの決済時に毎日お世話になっていた「Square」のビジネスモデルについて本日はふれていきたいと思います。 「Square」とは、ネットにつながったモバイル端末と専用のカードリーダーを用意 ...

3

無料でネットショップを開けるアプリとして多くの人に驚きを与えたBASE株式会社が、2019年10月25日東証マザーズに上場しました。2020年2月時点で90万店を超えるショップを抱えるまでに成長してい ...

4

2011年にサービスを開始してから圧倒的な成長率を誇るインテリア通販サイト 【FLYMEe/フライミー】を皆さんご存じでしょうか。 「自分のイメージするインテリア、本当に欲しいインテリアがどこにあるの ...

5

ナイキのSNKRSが、なぜこれほどまでに人気なのか?調べてみました。 きっかけは米国での友達との会話。彼は自分のシューズをみせて、「これ20万円もしたんだぜ。」と語ってくれました。 あまり靴に興味がな ...

-code, VR
-,

Copyright© BUSINESS HACKER , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.