code VR

Unity×VR(144)

スポンサーリンク

//tips

//キャラクター同期対応継続

Foxの動作確認を行う。デバフでの相手への暗闇付与がうまく動作しなかったのでスクリプト確認。

if (envPlaymove5photon.foxdarkflag)
{
Debuffcheck2();
Debug.Log("DebuffcheckSuccess2");

envPlaymove5photon.Foxdarkflag();
}

void Debuffcheck2()の中身がmooseのものになっていたためfoxの内容に変更。記載ずれが生じているかもしれない。注意しておく。下記に変更。

void Debuffcheck2()
{
Debug.Log("Debuffcheck2");

UIeffectdarker UIeffectdarker = GameObject.FindWithTag("DarkPanel").GetComponent<UIeffectdarker>();
UIeffectdarker.UIDarkOn();

無事に暗闇効果も付与できた。

Foxのwolf役の際のprefabdummyのhpバー数値がなぜか変化してしまう。移動の際の矢印キー操作が原因だったようなのでSliderのinteractableのチェックを外した。これによりHPを固定にすることができた。

Mooseの確認に移る。photonCountスクリプトにmooseの生成の記述をしていなかったのでそちらを加える。

Particle System wolfのparticleの方向がおかしかったのでQuaternion roteで指定。

var vp = new Vector3(33, -1, 121);
Quaternion rote = new Quaternion(-90.0f, 0.0f, 0.0f, 1.0f);
PhotonNetwork.Instantiate("Particle System wolf", vp, rote);

なぜかこの処理でも角度が変わらなかったのでスクリプトをprefabにアタッチしてみる。

新たにparticlerotateスクリプトを作成し、prefabにアタッチ。

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class ParticleRotate : MonoBehaviour
{
void Start()
{
Vector3 lookpos = this.transform.position;
lookpos.y = transform.position.y+100;
transform.LookAt(lookpos);
}
}

これによりprefabはスポーン位置の上を向くようになった。

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;
using Photon.Pun;

public class ParticlePlayeP : MonoBehaviourPunCallbacks
{
ParticleSystem particle;

void Start()
{
particle = GetComponent<ParticleSystem>();
particle.Stop();
}

public void ParticleOn()
{
photonView.RPC(nameof(DoParticleOn), RpcTarget.All);

}

[PunRPC]
void DoParticleOn()
{
particle.Play();
StartCoroutine("PartcleStop");
}

private IEnumerator PartcleStop()
{
yield return new WaitForSeconds(2);
particle.Stop();
}
}

これで各シーンで効果が発動するようになった。

カメラの参照でエラーが発生しているのでそちらも確認していく。

BaseCamera.SetActive(!BaseCamera.activeSelf);の部分でエラーが生じていたが、シーンのmaincameraのタグを外していたのが問題であった。

Wolf役の方を確認していく。
rabbitspeedup = 0f;にしてもスピードが遅くなるだけで動けてしまう。

代わりにRigidbodyのフリーズ機能を使用した。

rb.constraints = RigidbodyConstraints.FreezePosition;
rb.constraints = RigidbodyConstraints.None;
rb.constraints = RigidbodyConstraints.FreezeRotation;

無事にその場から動けなくなった。

Deerの最終チェックを行う。deer同士で行うと感知のminimapカメラが必ずしも自分を中心にしないという問題が発生した。確かに同じキャラの場合には対処できていなかったので、photonviewismineの選別をどこかで挟む必要がありそう。

人気の記事

1

コロナによる需要変化 コロナパンデミックの影響で、人々は外に出られなくなり、自宅で過ごす時間が増えました。 この自粛ムードの中、下記のようなビジネスの需要変化が引き起こされています。 【利用者減少】 ...

2

米国レストランの決済時に毎日お世話になっていた「Square」のビジネスモデルについて本日はふれていきたいと思います。 「Square」とは、ネットにつながったモバイル端末と専用のカードリーダーを用意 ...

3

無料でネットショップを開けるアプリとして多くの人に驚きを与えたBASE株式会社が、2019年10月25日東証マザーズに上場しました。2020年2月時点で90万店を超えるショップを抱えるまでに成長してい ...

4

2011年にサービスを開始してから圧倒的な成長率を誇るインテリア通販サイト 【FLYMEe/フライミー】を皆さんご存じでしょうか。 「自分のイメージするインテリア、本当に欲しいインテリアがどこにあるの ...

5

ナイキのSNKRSが、なぜこれほどまでに人気なのか?調べてみました。 きっかけは米国での友達との会話。彼は自分のシューズをみせて、「これ20万円もしたんだぜ。」と語ってくれました。 あまり靴に興味がな ...

-code, VR
-,

Copyright© BUSINESS HACKER , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.