code VR

Unity×VR(133)

スポンサーリンク

//tips

//photonの生成順序の同期

生成に順序づけを行なった場合一つのクローンが生成されて場合があるのでそちらを調整する。

基本的には2つのクローンが生成されるが、画面撮影をしている時にはなぜか一つのクローンしか生成されない。生成されているクローンのphotonviewismineを確認すると2番目のクローンが生成されていないよう。

コンソールのデバッグの流れを見ていくと、

ポイントがのったimageからキャラクター識別番号を取得するBeforeChararabbitのPUNメソッド実行命令

クリック時にカウント数を計算する際のDebug.Log(lobbyPlayerMaxCount);

カウントによる役割振り分け後にキャラクター番号からキャラクターを生成する際のDebug.Log("Charachois" + chara);

そして、PUNメソッド実行命令でキャラクター番号を入手する際のDebug.Log("rabbit");

[PunRPC]
public void Chararabbit(string id)
{
if (id == PhotonNetwork.LocalPlayer.UserId)
{
chara = 1;
Debug.Log("rabbit");
}
}

が実行されており、キャラクターの生成処理の際にはキャラクター番号が0のため生成されていない。pc負荷が重くなるとPUNの処理にも遅れが生じ、それがキャラクター生成にも影響を及ぼしてそう。

そもそもchara識別数値は個別シーンで役割は完結しているのでphotonで共有する必要はないように思われるのでそこを変更。

シンプルに下記の記述に変更して実行。

public void BeforeChararabbit()
{
chara = 1;
Debug.Log("chararabbit");
}

無事にシーン録画し、負荷が重くなってもキャラクターを正常通り2体生成することができた。

ここからはcharaUIchange2により表示されるPCharaUIBlue/RedのキャラクターUI表示選択反映に移っていく。

PCharaUIBlue/Redの部分に今まで作成したキャラクターのボタンを落とし込めれば良い。その際にはUIChuman/UICwolfタグもきちんと設定する。

ここではDeerCanvas内のPcharaUIDeerhuman/PcharaUIDeerwolf/MinimapImageをPCharaUIBlueに移動させる。

無事に反映できた。

ボタンも押してアクションを確認する。

人気の記事

1

コロナによる需要変化 コロナパンデミックの影響で、人々は外に出られなくなり、自宅で過ごす時間が増えました。 この自粛ムードの中、下記のようなビジネスの需要変化が引き起こされています。 【利用者減少】 ...

2

米国レストランの決済時に毎日お世話になっていた「Square」のビジネスモデルについて本日はふれていきたいと思います。 「Square」とは、ネットにつながったモバイル端末と専用のカードリーダーを用意 ...

3

無料でネットショップを開けるアプリとして多くの人に驚きを与えたBASE株式会社が、2019年10月25日東証マザーズに上場しました。2020年2月時点で90万店を超えるショップを抱えるまでに成長してい ...

4

2011年にサービスを開始してから圧倒的な成長率を誇るインテリア通販サイト 【FLYMEe/フライミー】を皆さんご存じでしょうか。 「自分のイメージするインテリア、本当に欲しいインテリアがどこにあるの ...

5

ナイキのSNKRSが、なぜこれほどまでに人気なのか?調べてみました。 きっかけは米国での友達との会話。彼は自分のシューズをみせて、「これ20万円もしたんだぜ。」と語ってくれました。 あまり靴に興味がな ...

-code, VR
-,

Copyright© BUSINESS HACKER , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.