code VR

Unity×VR(131)

スポンサーリンク

//tips

//photon同期カウントとUI連動

ボタンクリックで全同期シーン統一でカウントされるphotoncountの数値をもとにUIを操作する。role判定が行われたタイミングでroleの簡易UIボタンを表示する。この表示がうまくいったら、スクリプトをアタッチして先に作成したアクション操作のUIボタンと入れ替える。

現状はボタンクリックでOpenUi1()メソッドを実行し、二秒おいて、roleの簡易UIボタンの親オブジェクトを表示している。この二秒おく理由は、roleの通知UIがこの後すぐに画面表示されるためで、そちらとかぶらないように時間をずらしている。

public void OpenUi1()
{
StartCoroutine("thisHide");
flag = true;
}

IEnumerator thisHide()
{
yield return new WaitForSeconds(2);
ui1.SetActive(true);

yield return new WaitForSeconds(1);
baseui.SetActive(false);
}

同時にクリックにより発生しているphotonCountスクリプトのBeforeCount()メソッド実行では public void Onflag(string id)メソッド内で同期されている共通カウンターであるlobbyPlayerMaxCountの数値をもとにnumberProp.Humanon();で人間/人狼の通知表示そして、StartCoroutine("Turnoffhuman”);で charaUIchange2スクリプトのHumanoff()メソッドを呼んでいる。Humanoff()とWollfoff()が逆なのは後で修正する。

IEnumerator Turnoffhuman()
{
yield return new WaitForSeconds(2);
charaUIchange2.Humanoff();
}

public void Humanoff()
{
childobject = GameObject.FindWithTag("human");
childobject.SetActive(false);
}

この仕組みのどこでつまずいているか確認するためデバッグを入れる。デバッグではTurnoffhuman()およびHumanoff()メソッドの両方とも実行されていることが確認できた。 charaUIchange2.Humanoff();の実行タイミングが早すぎる可能性があるので1秒遅らせた。

それでも対応されないので、Debug.Log(childobject);でオブジェクトの中身を確認した。そうするとhumanオブジェクトを非表示にしていると返され、humanオブジェクトとは役割の人間表示を行うパネルであった。

つまりhumanというタグの使用が被っているからこのようなことになっている。tagの設定を更新し、childobject = GameObject.FindWithTag("UIChuman”);スクリプトに変更。

無事に簡易キャラクター操作UIは表示することができた。ただ、早く押しすぎると画面表示がうまくいかない問題が生じているのでそちらも解決しておく。

クリックされたときに行われるのは下記の2つで速攻クリックした場合、photonCountスクリプトのBeforeCount()メソッドのみ読み込まれないことがある。

・クリックでOpenUi1()メソッドを実行し、roleの簡易UIボタンの親オブジェクトを表示(ローカル)
・photonCountスクリプトのBeforeCount()メソッド実行(photon)

Photonの準備時間を考慮する必要があるようなので、ボタンクリック機能をタイマー表示が九秒以下になった場合、つまりupdateメソッドのsecondsが一秒以上になった時に初めてクリックできるようにできないか考える。

これは各ボタンにCharaUIchange2を参照させて自身のbuttonコンポーネントをenableに切り替えさせた方がシンプルなのでそちらの形で新規スクリプトを作成する。

初期時点ではインスペクターのbuttonのチェックは外しておき、CharaUIchange2のsecondsが一秒以上の時にチェックを入れるようにする。

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;
using UnityEngine.UI;

public class Buttonenablephoton : MonoBehaviour
{
[SerializeField]
CharaUIchange2 charaUIchange2;

Button btn;

private void Start()
{
btn = GetComponent<Button>();
}

void Update()
{
if (charaUIchange2.seconds > 1)
{
btn.enabled = true;
}

}
}

これで安定してUIを順番通り表示できるようになった。Onflag(string id)メソッドの下記該当部分を編集し、キャラクターの生成も正常に行わせていく。また、SampleSceneスクリプト内容も見直す。

if (chara == 1)
{
var v1 = new Vector3(-2, 0.5f, -2);
GameObject Prefab = PhotonNetwork.Instantiate("Rabbit", v1, Quaternion.identity);
}

人気の記事

1

コロナによる需要変化 コロナパンデミックの影響で、人々は外に出られなくなり、自宅で過ごす時間が増えました。 この自粛ムードの中、下記のようなビジネスの需要変化が引き起こされています。 【利用者減少】 ...

2

米国レストランの決済時に毎日お世話になっていた「Square」のビジネスモデルについて本日はふれていきたいと思います。 「Square」とは、ネットにつながったモバイル端末と専用のカードリーダーを用意 ...

3

無料でネットショップを開けるアプリとして多くの人に驚きを与えたBASE株式会社が、2019年10月25日東証マザーズに上場しました。2020年2月時点で90万店を超えるショップを抱えるまでに成長してい ...

4

2011年にサービスを開始してから圧倒的な成長率を誇るインテリア通販サイト 【FLYMEe/フライミー】を皆さんご存じでしょうか。 「自分のイメージするインテリア、本当に欲しいインテリアがどこにあるの ...

5

ナイキのSNKRSが、なぜこれほどまでに人気なのか?調べてみました。 きっかけは米国での友達との会話。彼は自分のシューズをみせて、「これ20万円もしたんだぜ。」と語ってくれました。 あまり靴に興味がな ...

-code, VR
-,

Copyright© BUSINESS HACKER , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.