code VR

Unity×VR(125)

スポンサーリンク

//tips

//photonアクション情報のBool同期

photonアクション情報をBool同期する方法を考える。

public bool AnimationFlgをEnvPlaymove5photonスクリプトに作成。下記に挿入。

public void Attackmotion()
{
AnimationFlg = true;
animator.SetTrigger("Attack1");

AnimationFlgを同期するためのクラスを作成。この際に、PUNによって1秒あたり数回呼ばれ、PhotonViewの同期データの読み書きが可能になるOnPhotonSerializeView(PhotonStream stream, PhotonMessageInfo info)を利用する。

これはPhotonViewのObservedコンポーネントとして割り当てられたスクリプトから呼ばれ、
「書き込みモード」(PhotonStream.isWriting == true)だと クライアントに対して同期内容を送信でき、 「読み込みモード」だと同期内容を受信できるよう。

下記スクリプトを作成したが、 うまくOnPhotonSerializeViewがうまく動いていないようでデバッグが確認できなかった。OnPhotonSerializeViewは使えそうなのでもう少し調べていく。

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;
using Photon.Pun;

public class NetworkCharactor : MonoBehaviourPunCallbacks
{
[SerializeField]
EnvPlaymove5photon EnvPlaymove5photon;

void OnPhotonSerializeView(PhotonStream stream, PhotonMessageInfo info)
{
// 送信処理
if (stream.IsWriting)
{
if (EnvPlaymove5photon.AnimationFlg)
{
Debug.Log("Send JumpFlg: " + EnvPlaymove5photon.AnimationFlg);
}
// 送信
stream.SendNext(EnvPlaymove5photon.AnimationFlg);
// 送信後にジャンプ判定用フラグをOFFにする。
EnvPlaymove5photon.AnimationFlg = false;
}
// 受信処理
else
{
// 受信
EnvPlaymove5photon.AnimationFlg = (bool)stream.ReceiveNext();
if (EnvPlaymove5photon.AnimationFlg)
{
// ジャンプアニメーションに切り替えるTriggerをセットする(相手キャラクター用)
GetComponent<Animator>().SetTrigger("Attack1");
Debug.Log("Recieve JumpFlg: " + EnvPlaymove5photon.AnimationFlg);
}
}
}
}

photonviewのobserved conponentsにアタッチしなければならないのかと、observe searchをmanualに切り替えてNetworkCharactorスクリプトをアタッチしようとしたがアタッチできず。

MonoBehaviourPunCallbacksからMonoBehaviourPunに変更。これも違うよう。PUN2には適応できないのか。photonを利用した格闘ゲームの例が載っているUnityゲームプログラミング入門2020対応の該当しそうな記載を発見。

まず、スクリプトをphotonviewのobserved conponentsに組み込むには。IPunObservableを継承する必要があるとのこと。

下記のように修正して実験してみた。

public class NetworkCharactor : MonoBehaviour,IPunObservable
{
[SerializeField]
EnvPlaymove5photon EnvPlaymove5photon;

void IPunObservable.OnPhotonSerializeView(PhotonStream stream, PhotonMessageInfo info)

スクリプトがobserved conponentsにも追加され、これで無事にデバッグを送ることができるようになった。これをうまく活用して実装を進める。ただ、やはりphotonによるアニメーション同期にはズレが生じることも記載があり、それをどううまく隠せるかがポイントとのこと。

一度キャラクターのanimatorを見直すと、walkが途中で止まる要因としてはidleへのstate移動が要因となっていることがわかる。同期処理を組み込む前にこの部分から改善して変化を見る。

Boolとしてwalk状態を継続させておくようなかたちに変えてみることにする。EnvPlaymove5photonスクリプトにanimator.SetBool("playwalkingbool", true);を追加していく。

GetKey関数は押されている時を観測するので、keyを離したときにboolをfalseに変えたいのでGetKeyUpも組み込んでいく。

if (Input.GetKeyUp(“up”))
{
animator.SetBool("playwalkingbool", false);
}
のような形で項目を追加する。

上と右のキーにboolを設定して動かしてみると、回転時に一瞬立ち止まることがなくなった。ただ前方に進む場合のwalkへの移り変わりのタイミングが遅く、立ったまま移動している状態になるので、移動速度とinterruption sourceをnext stateにして検証した。

これによりボタン長押しでのwalkのスムーズさはかなり改善された。これで動きを同期シーンでも確認してみるとなぜかプレイヤーのアニメーションが同期されなくなっていた。そこはRPCで解決できるが、なぜphotonanimatorviewが機能しなくなったのかは謎である。

アニメーションの修正を進める。

人気の記事

1

コロナによる需要変化 コロナパンデミックの影響で、人々は外に出られなくなり、自宅で過ごす時間が増えました。 この自粛ムードの中、下記のようなビジネスの需要変化が引き起こされています。 【利用者減少】 ...

2

米国レストランの決済時に毎日お世話になっていた「Square」のビジネスモデルについて本日はふれていきたいと思います。 「Square」とは、ネットにつながったモバイル端末と専用のカードリーダーを用意 ...

3

無料でネットショップを開けるアプリとして多くの人に驚きを与えたBASE株式会社が、2019年10月25日東証マザーズに上場しました。2020年2月時点で90万店を超えるショップを抱えるまでに成長してい ...

4

2011年にサービスを開始してから圧倒的な成長率を誇るインテリア通販サイト 【FLYMEe/フライミー】を皆さんご存じでしょうか。 「自分のイメージするインテリア、本当に欲しいインテリアがどこにあるの ...

5

ナイキのSNKRSが、なぜこれほどまでに人気なのか?調べてみました。 きっかけは米国での友達との会話。彼は自分のシューズをみせて、「これ20万円もしたんだぜ。」と語ってくれました。 あまり靴に興味がな ...

-code, VR
-,

Copyright© BUSINESS HACKER , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.