code VR

Unity×VR(114)

スポンサーリンク

//tips

//photon及びprefab生成対応のスクリプトへ修正

同期アクションの問題は保留にして、photonで実際に動かすためのスクリプトの方を先に整備していく。

キャラクター生成する際に外れているUIのonClickの対象を取得する方法を考える。onClickから直接キャラクターのスクリプトを取得することができないので、PcharaUIDeerhumanオブジェクトに新たなスクリプトを作成し、そこで自身のキャラクターの取得などを行い、そのスクリプから全てのUIのアクションを実行させることにする。

Find系で取得していくことになるが、Playerタグが付いていて、かつ、アタッチされている PhotonViewコンポーネントのIsMineプロパティが true であるオブジェクトを検索すると解決しそう。また、逆に、プレイヤーのプレハブのスクリプトに、UIで取得したいオブジェクトに自分を入れる処理を作ることもできそう。

一旦Find系で取得する。ひとまずDeerActionlistスクリプトをUIの親オブジェクトであるPcharaUIDeerhumanにアタッチ。ロビー遷移の途中でUI選択開閉が行われるが今のところは気にしないでスタートメソッドでの実行で進める。

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;
using Photon.Pun;

public class DeerActionlist : MonoBehaviourPunCallbacks
{
GameObject[] Players;
GameObject myPlayer;
EnvPlaymove5photon envPlaymove5photon;
DeerAtackManager deerAtackManager;
Shrinkingfunc shrinkingfunc;
MeshTransparentEffect meshTransparentEffect;

[SerializeField]
GameObject Minimap;

void Start()
{
Players = GameObject.FindGameObjectsWithTag("Player");

foreach (var player in Players)
{
if (photonView.IsMine)
{
myPlayer = player;

}
}
}

public void DeerAA()
{
envPlaymove5photon= myPlayer.GetComponent<EnvPlaymove5photon>();
envPlaymove5photon.Attackmotion();
}

public void MiniMapOpen()
{
Minimap.SetActive(true);
}

public void Deerskill2()
{
meshTransparentEffect = myPlayer.GetComponentInChildren<MeshTransparentEffect>();
meshTransparentEffect.OnTransparent();
}

public void Deerskill3()
{
shrinkingfunc = myPlayer.GetComponentInChildren<Shrinkingfunc>();
shrinkingfunc.OnShrink();
}

public void Deerskill4()
{
deerAtackManager = myPlayer.GetComponentInChildren<DeerAtackManager>();
deerAtackManager.Deerpowerflagon();
}

public void DeerWskill1()
{
meshTransparentEffect = myPlayer.GetComponentInChildren<MeshTransparentEffect>();
meshTransparentEffect.OnTransparent();
}

public void DeerWskill2()
{
Minimap.SetActive(true);
}

}

ここでエラーが発生したのでphotonView.IsMineの箇所を見直し、しっかりプレイヤーのコンポーネントとして取れておらずnullになっていたので下記修正。PhotonViewもコンポーネントなのでphotonView.IsMineをオブジェクトの要素として捉えることができたのはgoodだった。

Players = GameObject.FindGameObjectsWithTag("Player");

foreach (GameObject player in Players)
{
PhotonView photonView = player.GetComponent<PhotonView>();

if (photonView.IsMine)
{
myPlayer = player;
Debug.Log(myPlayer);

}
}

きちんと機能を反映させることができるようになった。

UIの部分はかなり直しが発生するので、今度キャラクターをprefab生成する際には別オブジェクトのアタッチスクリプトが外れることを念頭においてスクリプトを作成する。反省。

キャラクターのスクリプト修繕とminimapカメラの設定など整備継続。

 

人気の記事

1

コロナによる需要変化 コロナパンデミックの影響で、人々は外に出られなくなり、自宅で過ごす時間が増えました。 この自粛ムードの中、下記のようなビジネスの需要変化が引き起こされています。 【利用者減少】 ...

2

米国レストランの決済時に毎日お世話になっていた「Square」のビジネスモデルについて本日はふれていきたいと思います。 「Square」とは、ネットにつながったモバイル端末と専用のカードリーダーを用意 ...

3

無料でネットショップを開けるアプリとして多くの人に驚きを与えたBASE株式会社が、2019年10月25日東証マザーズに上場しました。2020年2月時点で90万店を超えるショップを抱えるまでに成長してい ...

4

2011年にサービスを開始してから圧倒的な成長率を誇るインテリア通販サイト 【FLYMEe/フライミー】を皆さんご存じでしょうか。 「自分のイメージするインテリア、本当に欲しいインテリアがどこにあるの ...

5

ナイキのSNKRSが、なぜこれほどまでに人気なのか?調べてみました。 きっかけは米国での友達との会話。彼は自分のシューズをみせて、「これ20万円もしたんだぜ。」と語ってくれました。 あまり靴に興味がな ...

-code, VR
-,

Copyright© BUSINESS HACKER , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.