code VR

Unity×VR(107)

スポンサーリンク

//tips

//フィールド設置するmonsterの整備

操作キャラクターの実装は完了したので、enemyとなるmonsterを整備していく。まずは、シーン環境と合いそうなモンスターを導入する。

Polygonal - Golemがちょうど良さそうだったのでインストールした。このGolemにAIをつけてPlayerが近づいたら追跡・攻撃し、通常はランダムウォークさせる機能を考えていく。

このモンスターへの対応はプレイヤー一人では難しく、基本的に2人以上で対応すればダメージをほぼ受けずに討伐できるという形にする。

AI挙動にするためにコライダー、rigidbodyの他に以前AIにアタッチしていたMoveEnemyスクリプト、Setpositionスクリプト、NavMeshAgentをアタッチ。HPScriptEにするかHPScriptで対応するかは要検討。

それらをセットして、実行してみたら"SetDestination" can only be called on an active agent that has been placed on a NavMesh.というエラーが発生。

NavMeshを利用する前にbakeが必要かと気づき、planeのstaticにチェックし、Windowメニュー→AI→Navigationを開き、そこでbake。

無事AIの挙動を発生させることができたが、アクションと連動していないので、連動させる必要がある。

[SerializeField]
Animator animator;

animator.SetTrigger("Walk Forward");

を導入して動かしてみると、Walk Forwardを一度実行し、その後動きが停止してしまう。下記のエラーも出てしまったので、どうしてか考えていたらパラメーターの設定がトリガーではなくboolで行われていることに気づいた。

UnassignedReferenceException: The variable animator of MoveEnemy has not been assigned.
You probably need to assign the animator variable of the MoveEnemy script in the inspector.
UnityEngine

また、このエラーはインスペクターにオブジェクトのアタッチ漏れから起きていることがわかった。

animator.SetBool("Walk Forward", true);を用いて再度挑戦。

かなり想定していた感じに近づいた。

ここからある条件で攻撃アクションを行うように設定し、その場合の攻撃判定の範囲とタイミングについて考えていく。

navMeshAgent.remainingDistance < 0.5fの場合、つまりターゲットまでの距離が0.5の時に攻撃アクションを行わせるようにする。

ターゲットのオブジェクトをとる方法は空オブジェクトに下記のSearchCharacterスクリプトをアタッチすることで対応できた。

using UnityEngine;
using System.Collections;

public class SearchCharacter : MonoBehaviour
{
private MoveEnemy moveEnemy;

void Start()
{
moveEnemy = GetComponentInParent<MoveEnemy>();
}

void OnTriggerStay(Collider col)
{
// プレイヤーキャラクターを発見
if (col.tag == "Player")
{
// 敵キャラクターの状態を取得
MoveEnemy.EnemyState state = moveEnemy.GetState();
// 敵キャラクターが追いかける状態でなければ追いかける設定に変更
if (state != MoveEnemy.EnemyState.Chase)
{
moveEnemy.SetState(MoveEnemy.EnemyState.Chase, col.transform);
}
}
}
void OnTriggerExit(Collider col)
{
if (col.tag == "Player")
{
moveEnemy.SetState(MoveEnemy.EnemyState.Wait);
}
}
}

Punch Attackのスピードが早すぎたので0.5まで遅くし、punchattackの前後の遷移を整理。また接近距離を0.5fよりも遠く設定。

さらにPunchMotionを行う右手に球のコライダーを設置。

キャラクターと同様Motionを行う際にのみコライダーを有効にするスクリプトを記載していく。

人気の記事

1

コロナによる需要変化 コロナパンデミックの影響で、人々は外に出られなくなり、自宅で過ごす時間が増えました。 この自粛ムードの中、下記のようなビジネスの需要変化が引き起こされています。 【利用者減少】 ...

2

米国レストランの決済時に毎日お世話になっていた「Square」のビジネスモデルについて本日はふれていきたいと思います。 「Square」とは、ネットにつながったモバイル端末と専用のカードリーダーを用意 ...

3

無料でネットショップを開けるアプリとして多くの人に驚きを与えたBASE株式会社が、2019年10月25日東証マザーズに上場しました。2020年2月時点で90万店を超えるショップを抱えるまでに成長してい ...

4

2011年にサービスを開始してから圧倒的な成長率を誇るインテリア通販サイト 【FLYMEe/フライミー】を皆さんご存じでしょうか。 「自分のイメージするインテリア、本当に欲しいインテリアがどこにあるの ...

5

ナイキのSNKRSが、なぜこれほどまでに人気なのか?調べてみました。 きっかけは米国での友達との会話。彼は自分のシューズをみせて、「これ20万円もしたんだぜ。」と語ってくれました。 あまり靴に興味がな ...

-code, VR
-,

Copyright© BUSINESS HACKER , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.