code VR

Unity×VR(102)

スポンサーリンク

//tips

//キャラクターごとのUI連動

Rabbitに引き続きBearのUIを実装していく。

まずは攻撃量アップのスキルを実装。BearAttackManagerスクリプトを作成し、下記の形で表現した。

decoy.hp -= powerEnemy* bearpower;
Debug.Log("human");

if (bearpowerflag)
{
BearPowerback();
}

public void BearPowerUp()
{
bearpower = 2;
bearpowerflag = true;
}

void BearPowerback()
{
bearpower = 1;
bearpowerflag = false;
}

public void BearSuperPowerUp()
{
bearpower = 3;
bearpowerflag = true;
}
}

回復機能はHPScriptに下記を追加した。

public void powerRecover()
{
hp += 1;
}

自分で発動できるパーティクルも搭載した。これで人間側のUIは完成。人狼側のUI作成に移る。

まだ、導入モンスターについては決めていないがモンスターを生成するスクリプトを仮で作成しておく。bounceボールをprefabに入れ生成した。

public void Monstercoming()
{
Instantiate(prefabmonster);
}

自分を含めた全てのプレイヤーに確定ダメージを与えるスクリプトを考える。FindGameObjectsWithTag("Player”);で全てのプレイヤーオブジェクト要素を取得した後にforeachでHPscriptにアクセスで一律1ダメージを与える形にする。

HPスクリプトに下記を追加した。

public void Damageallplayer()
{
playerobjs = GameObject.FindGameObjectsWithTag("Player");

foreach (GameObject obs in playerobjs)
{
playerhp = obs.GetComponent<HPScript>();
playerhp.hp -= 1;
}
}

きちんと複数プレイヤーのhpに関与できていることが確認できた。decoyはdecoyスクリプトのため別途設定が必要となるためplayerタグを変更しておいた。あとはRabbitのサイト同様にultimateとwolfmodeの設定を行う。スクリプト は全く同じで問題ない。

次にfoxの整備を行う。Minimapにenemytagを持つモンスターのみ表示させる。RenderTextureを新たに作成し、Minimapmonstercameraにアタッチする。さらにUIにカメラの視野を反映するRawImageのTextureもMinimapmonstertextureに変更。

Layerに新たなminmapmonsterLayerを追加し、片方のdecoyに設定。MinimapMonsterCameraのcullingmaskをminmapmonsterLayerに設定することでモンスターのみを移すミニマップを表示させることができた。

人気の記事

1

コロナによる需要変化 コロナパンデミックの影響で、人々は外に出られなくなり、自宅で過ごす時間が増えました。 この自粛ムードの中、下記のようなビジネスの需要変化が引き起こされています。 【利用者減少】 ...

2

米国レストランの決済時に毎日お世話になっていた「Square」のビジネスモデルについて本日はふれていきたいと思います。 「Square」とは、ネットにつながったモバイル端末と専用のカードリーダーを用意 ...

3

無料でネットショップを開けるアプリとして多くの人に驚きを与えたBASE株式会社が、2019年10月25日東証マザーズに上場しました。2020年2月時点で90万店を超えるショップを抱えるまでに成長してい ...

4

2011年にサービスを開始してから圧倒的な成長率を誇るインテリア通販サイト 【FLYMEe/フライミー】を皆さんご存じでしょうか。 「自分のイメージするインテリア、本当に欲しいインテリアがどこにあるの ...

5

ナイキのSNKRSが、なぜこれほどまでに人気なのか?調べてみました。 きっかけは米国での友達との会話。彼は自分のシューズをみせて、「これ20万円もしたんだぜ。」と語ってくれました。 あまり靴に興味がな ...

-code, VR
-,

Copyright© BUSINESS HACKER , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.