code ソーシャル

Unityアプリcodetips(77)

スポンサーリンク

//tips

//git・ターミナル初期設定

Gitにユーザー名とメールアドレスを設定することで、コミットを誰がしたかを記録する。

$ git config --global user.name "ユーザー名"
$ git config --global user.email "メールアドレス"

GithubのwebサイトでCreate repositoryをしてリモートレポジトリを作成した後に、そのリモートレポジトリにプッシュするフォルダを作成していく。

mkdir naki.github.io
cd naki.github.io

上記の作成フォルダをGitで管理できるように下記を実行。

git init

リモートレポジトリに反映させるための目印と考えれば良さそう。
その後に連携させるリモートレポジトリのURLを貼り付け。

git remote add origin <URL>

これでローカルとリモートが接続されたはずなので、ローカルで作成したファイルをリモートに反映してみる。
index.htmlを作成。

touch index.html

ファイルをリモートにも反映する保管庫に追加。
git add index.html

gitの変更内容の保存。
git commit -m "Create index.html"

リモートへローカルからgitで認証されたものをアップデートする。
git push origin master

リモートのリポジトリとやり取りするため、SSHの鍵が必要なよう。

https://dev.classmethod.jp/articles/github-mac-terminal-ssh-login/

作成していくと最後にパスワードを入力した後、Key is invalid. You must supply a key in OpenSSH public key formatとエラーが出てしまう。

https://qiita.com/tnatsume00/items/e147662368d02e6416d2

https://qiita.com/Akitoshi_M/items/9f7f2fd30fe456bd64b6

Gitのマイページに入力するid_rsa.pub の中身は、別途ターミナルでcat ~/.ssh/id_rsa.pub を実行し、表示された内容を Key の部分に入力する必要がある。

これによりSSHキーの設定完了。

いざgit push origin masterを再チャレンジしたところまたしてもfatal: Authentication failed for ・・・というエラー。

git config --list
git config user.name
git remote -v

で認証されているものを確認。

下記のようにusernameとpasswordの部分で間違っているのか。

https://github.com/yuki-kimoto/gitprep/issues/38

と思っていたが、下記のようにgit remote set-url origin リポジトリ名をhtmlではなく、sshのものに書き換えてあげることで無事にローカルからリモートリポジトリへのアップロード完了。

https://qiita.com/pugiemonn/items/a804682db9ce9316756e

せっかくなのでこの時点でのブランチを作成する。

Web上のリモートレポジトリでswitch branches/tagsの項目にmainとは異なるtestというブランチを作成した。

削除する際はbranchesをクリックし、廃棄ボタンを押せば簡単に削除できる。

ブランチを作成することで、Pull requestとCompareというボタンがtestブランチに生じる。

この時点のローカルレポジトリには、main(master)ブランチしかないので、新たに追加されたtestブランチをローカルにcloneしたい。

git branch

により現在ローカルにあるブランチがmasterブランチであることがわかる。

git branch -r

でリモートに存在するブランチがわかる。
origin/master
origin/test

ローカルに下記コードでorigin/testをクローンする。

git checkout -b test origin/test

ローカルのブランチをgit branchで確認すると、
master
* test
と表示され、リモートのブランチをローカルに複製することができた。アスタリスクは現在使用しているブランチを指す。

ローカルで新規ブランチを作成して、リモートに反映させてみる。

ローカルでの新規ブランチ作成
git branch example

Exampleブランチがローカルにできているか確認
git branch

ローカルからリモートへのブランチの追加
git push origin example

リモートでの追加ブランチの確認
git branch -r

origin/example
origin/master
origin/test

ローカルでTestブランチにファイルを追加

git add hello.html

fatal: pathspec 'hello.html' did not match any filesというエラーが発生。

これは、

touch hello.html
としてから
git add hello.html
とすることで解決する。

https://www.programmersought.com/article/24652203974/

これを下記で保存し、

git commit -m "add new file"

git statusでコミットされているかの確認。

今回はtestブランチに追加するので

git push origin test

これでローカルで追加したhello.htmlファイルがリモートのtestブランチにアップロードされた。

人気の記事

1

コロナによる需要変化 コロナパンデミックの影響で、人々は外に出られなくなり、自宅で過ごす時間が増えました。 この自粛ムードの中、下記のようなビジネスの需要変化が引き起こされています。 【利用者減少】 ...

2

米国レストランの決済時に毎日お世話になっていた「Square」のビジネスモデルについて本日はふれていきたいと思います。 「Square」とは、ネットにつながったモバイル端末と専用のカードリーダーを用意 ...

3

無料でネットショップを開けるアプリとして多くの人に驚きを与えたBASE株式会社が、2019年10月25日東証マザーズに上場しました。2020年2月時点で90万店を超えるショップを抱えるまでに成長してい ...

4

2011年にサービスを開始してから圧倒的な成長率を誇るインテリア通販サイト 【FLYMEe/フライミー】を皆さんご存じでしょうか。 「自分のイメージするインテリア、本当に欲しいインテリアがどこにあるの ...

5

ナイキのSNKRSが、なぜこれほどまでに人気なのか?調べてみました。 きっかけは米国での友達との会話。彼は自分のシューズをみせて、「これ20万円もしたんだぜ。」と語ってくれました。 あまり靴に興味がな ...

-code, ソーシャル
-,

Copyright© BUSINESS HACKER , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.