code ソーシャル

Unityアプリcodetips(17)

スポンサーリンク

//tips

//Playerの入力に反応させてEnemyも既定ルートを移動させる

停止しているEnemyではなく、動いているEnemyでの衝突を確認する。

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class EnemyController : MonoBehaviour
{
GameObject Player;

Vector3 MOVEX = new Vector3(1.0f, 0, 0);
Vector3 MOVEY = new Vector3(0, 1.0f, 0);
Vector3 MOVEZ = new Vector3(0, 0, 1.0f);

float step = 3.0f; // 移動速度
Vector3 target; // 入力受付時、移動後の位置を算出して保存

private int count = 0;

void Start()
{
target = transform.position;

this.Player = GameObject.Find("Player");
}

void Update()
{
if (Input.anyKeyDown)
{
count++;

if (count == 1)
{
target = transform.position - MOVEX;
}

if (count == 2)
{
target = transform.position - MOVEZ;
}

if (count == 3)
{
target = transform.position - MOVEZ;

}
}
Move();

Vector3 p1 = transform.position;
Vector3 p2 = this.Player.transform.position;

if (p1 == p2)
{
if (Player != null)
{
Destroy(Player);
}
}

}
void Move()
{
this.transform.position = Vector3.MoveTowards(transform.position, target, step * Time.deltaTime);
}
}

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class PlayerController4 : MonoBehaviour
{
// Start is called before the first frame update
void Start()
{

}

// Update is called once per frame

void Update()
{
if (Input.GetKeyDown(KeyCode.LeftArrow))
{
transform.Translate(-1, 0, 0);
}
if (Input.GetKeyDown(KeyCode.RightArrow))
{
transform.Translate(1, 0, 0);
}
if (Input.GetKeyDown(KeyCode.UpArrow))
{
transform.Translate(0, 0, 1);
}
if (Input.GetKeyDown(KeyCode.DownArrow))
{
transform.Translate(0, 0, -1);
}

}
}

//Enemyの動きを既定ルート内でループさせる

Enemyの動きを既定ルート内をループさせ続けるように変更する。

これはcountを初期化すれば良いので、先のEnemyControllerの修正のみで事足りる。

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class EnemyController2 : MonoBehaviour
{
GameObject Player;

Vector3 MOVEX = new Vector3(1.0f, 0, 0);
Vector3 MOVEY = new Vector3(0, 1.0f, 0);
Vector3 MOVEZ = new Vector3(0, 0, 1.0f);

float step = 3.0f; // 移動速度
Vector3 target; // 入力受付時、移動後の位置を算出して保存

private int count = 0;

void Start()
{
target = transform.position;

this.Player = GameObject.Find("Player");
}

void Update()
{
if (Input.anyKeyDown)
{
count++;

if (count == 1)
{
target = transform.position - MOVEX;
}

if (count == 2)
{
target = transform.position - MOVEZ;
}

if (count == 3)
{
target = transform.position + MOVEX;

}
if (count == 4)
{
target = transform.position + MOVEZ;
count = 0;

}

}
Move();

Vector3 p1 = transform.position;
Vector3 p2 = this.Player.transform.position;

if (p1 == p2)
{
if (Player != null)
{
Destroy(Player);
}
}

}
void Move()
{
this.transform.position = Vector3.MoveTowards(transform.position, target, step * Time.deltaTime);
}
}

//Unityのカメラの背景を画像にする

Canvasの下にimageを作成し、canvasのrender modeをscreen space with cameraに変更。

Main cameraをドラッグしてrender cameraに設定し、様々な画面サイズに適応できるようにcanvas scalerのUI scale modeをscale with screen sizeに変更する。

Imageに貼り付ける画像はプロジェクトビュー内でタッチしてインスペクターからTexture TypeをSpriteに変更。

ちなみに、画像に伸縮のアニメーションを追加した際に、間違えてAdd eventボタンを押してしまい'Image' AnimationEvent has no function name specified!というエラーが出たので解決方法も記す。

Add eventの消去方法はタイムライン上部に表示される小さな長方形をクリックするとdeleteという文字が出てくるので、それで消去できる。

//GameOverなどのSceneを2秒表示させた後に別のシーンへ切り替える

Build settingで遷移させたいシーンを一緒に登録した後、emptyオブジェクトに一定時間後にメソッドを呼び出すinvokeとSceneManager.LoadSceneを使用して遷移を行う。

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;
using UnityEngine.SceneManagement;

public class ChangeScene : MonoBehaviour
{

// Use this for initialization
void Start()
{
Invoke("GameOver", 2.0f);
}

// Update is called once per frame
void Update()
{

}

void GameOver()
{
SceneManager.LoadScene("3");
}
}

//遷移をdestroyと連結させる。

PlayerがEnemyに衝突し、destroyされた際にも遷移が発生するようにする。

using UnityEngine.SceneManagement;を追加するのを忘れない。

LoadSceneはFindでシーンを獲得するなどの作業がないのでシンプルである。

下記のようになる。

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;
using UnityEngine.SceneManagement;

public class EnemyController2 : MonoBehaviour
{
GameObject Player;

Vector3 MOVEX = new Vector3(1.0f, 0, 0);
Vector3 MOVEY = new Vector3(0, 1.0f, 0);
Vector3 MOVEZ = new Vector3(0, 0, 1.0f);

float step = 3.0f; // 移動速度
Vector3 target; // 入力受付時、移動後の位置を算出して保存

private int count = 0;

void Start()
{
target = transform.position;

this.Player = GameObject.Find("Player");
}

void Update()
{
if (Input.anyKeyDown)
{
count++;

if (count == 1)
{
target = transform.position - MOVEX;
}

if (count == 2)
{
target = transform.position - MOVEZ;
}

if (count == 3)
{
target = transform.position + MOVEX;

}
if (count == 4)
{
target = transform.position + MOVEZ;
count = 0;

}

}
Move();

Vector3 p1 = transform.position;
Vector3 p2 = this.Player.transform.position;

if (p1 == p2)
{
if (Player != null)
{
Destroy(Player);
Invoke("Over", 0.0f);
}
}

}
void Move()
{
this.transform.position = Vector3.MoveTowards(transform.position, target, step * Time.deltaTime);
}
void Over()
{
SceneManager.LoadScene("GameOver");
}
}

//Goalに接触したらGoalSceneへ遷移、同時に一定時間後GoalSceneから初期シーンへ遷移

PlayerがGoalに接触したらGoalSceneへ遷移させ、同時に一定時間後GoalSceneから初期シーンへ遷移するスクリプトを下記に記載する。

追加したのがGoalシーンとGoalスクリプトでシーンのGameManagerにchange sceneスクリプトを追加している。

スクリプトは下記になる。

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;
using UnityEngine.SceneManagement;

public class GoalController : MonoBehaviour
{
GameObject Player;

void Start()
{

this.Player = GameObject.Find("Player");
}

void Update()
{

Vector3 p1 = transform.position;
Vector3 p2 = this.Player.transform.position;

if (p1 == p2)
{
if (Player != null)
{
Invoke("Goal", 0.0f);

}
}

}

void Goal()
{
SceneManager.LoadScene("Goal");
}

}

//StageSelect画面の作成

新規のシーンにcanvasを追加し、麾下に背景画像のimage、タイトルのtext、ステージの数だけのボタンをUIから追加する。

canvasはrendermodeをcameraに合わせ、UI Scale ModeをScale with Screen Sizeに変更し、reference resolutionを調整する。

imageをrect transformでcanvas背景の大きさと合わせ、textやbuttonも位置や幅をrect transformで調整する。

Emptyからstage select managerオブジェクトを作成し、作成したスクリプトをアタッチする。

スクリプトの内容としては、ボタンが押されたら、紐づけられたシーンに遷移するというもの。

StageSelectManagerオブジェクトにスクリプトをアタッチした後、インスペクターからstage buttonsのサイズを指定し、オブジェクトをドラッグする。

各ボタンのOn Clickをプラスし、ヒエラルキーのstage select managerオブジェクトをドラッグするとスクリプトに含まれる関数一覧が表示されるのでPushStageSelectButton(int stageNo)を選び、各ボタン番号の数字を入れる。

ここでstage select managerスクリプトを入れてしまうと関数は表示されないので注意が必要。

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

using UnityEngine.SceneManagement;
using UnityEngine.UI;

public class StageSelectManager : MonoBehaviour
{
public GameObject[] stageButtons; //ステージ選択ボタン配列

// Use this for initialization
void Start()
{

}

// Update is called once per frame
void Update()
{

}

//ステージ選択ボタンを押した
public void PushStageSelectButton(int stageNo)
{
SceneManager.LoadScene("GameScene" + stageNo); //ゲームシーンへ
}
}

人気の記事

1

コロナによる需要変化 コロナパンデミックの影響で、人々は外に出られなくなり、自宅で過ごす時間が増えました。 この自粛ムードの中、下記のようなビジネスの需要変化が引き起こされています。 【利用者減少】 ...

2

米国レストランの決済時に毎日お世話になっていた「Square」のビジネスモデルについて本日はふれていきたいと思います。 「Square」とは、ネットにつながったモバイル端末と専用のカードリーダーを用意 ...

3

無料でネットショップを開けるアプリとして多くの人に驚きを与えたBASE株式会社が、2019年10月25日東証マザーズに上場しました。2020年2月時点で90万店を超えるショップを抱えるまでに成長してい ...

4

2011年にサービスを開始してから圧倒的な成長率を誇るインテリア通販サイト 【FLYMEe/フライミー】を皆さんご存じでしょうか。 「自分のイメージするインテリア、本当に欲しいインテリアがどこにあるの ...

5

ナイキのSNKRSが、なぜこれほどまでに人気なのか?調べてみました。 きっかけは米国での友達との会話。彼は自分のシューズをみせて、「これ20万円もしたんだぜ。」と語ってくれました。 あまり靴に興味がな ...

-code, ソーシャル
-,

Copyright© BUSINESS HACKER , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.