Blockchain code Metaverse VR

SmartContract×VR×Crypto(695)

スポンサーリンク

//tips

イオンに口臭チェッカーを探しに行ったらなかった。ガンガン外に行くようになるので問題ないか確認したい。病院に行く。

//smart contract

移住住居物件は確認して市の方と調整。居住予定地区の猟関係者にも連絡いただけるよう。ありがたし。

ひたすら営業上増し。

東京で半農半教業を行いネパールへの支援をおこなっている鴨志田農園さんを見つけた。D2C+農業インストラクター業での収益となる。発想が面白く共感できる。インスタをメインとした農業系マーケティングは伸びそうに感じた。

農業では1000平米で売上100万円、原価率53%が平均値のよう。鴨志田さんは1平米4285円を年間に上げることを目標に年間の作付けを積み上げるとのこと。

野菜ならではというところもあるが、畑で時期別に多品種を育てることで積み上げられるのは強い。樹木系果物ではできない。

産直オウル、ポケマル、食べ直に誘導して収益化するよう。ただ、物流費などは基本的なJAモデルなどより多くかかり、相当の付加価値がないとうまくいかない。大規模農家の高品質で安定供給できる野菜を超えるものをD2Cで出せているかという部分では課題。訳あり品市場というニュアンスか。確かにスーパーに卸している農家はお金持ちだった印象。タネはどの農家も毎回購入する形かと思うので、土地の広さと肥料、生産管理方法、地域特色が要因となるか。

猟にバインドする部分として農業強化も入れたいところ。

https://enjoy.sso.biglobe.ne.jp/archives/vegetables_shop/

https://www.fastgrow.jp/articles/vividgarden-akimoto-02

前編 – 産直ECが小規模農家を疲弊させる3つの理由

人気の記事

1

コロナによる需要変化 コロナパンデミックの影響で、人々は外に出られなくなり、自宅で過ごす時間が増えました。 この自粛ムードの中、下記のようなビジネスの需要変化が引き起こされています。 【利用者減少】 ...

2

米国レストランの決済時に毎日お世話になっていた「Square」のビジネスモデルについて本日はふれていきたいと思います。 「Square」とは、ネットにつながったモバイル端末と専用のカードリーダーを用意 ...

3

無料でネットショップを開けるアプリとして多くの人に驚きを与えたBASE株式会社が、2019年10月25日東証マザーズに上場しました。2020年2月時点で90万店を超えるショップを抱えるまでに成長してい ...

4

2011年にサービスを開始してから圧倒的な成長率を誇るインテリア通販サイト 【FLYMEe/フライミー】を皆さんご存じでしょうか。 「自分のイメージするインテリア、本当に欲しいインテリアがどこにあるの ...

5

ナイキのSNKRSが、なぜこれほどまでに人気なのか?調べてみました。 きっかけは米国での友達との会話。彼は自分のシューズをみせて、「これ20万円もしたんだぜ。」と語ってくれました。 あまり靴に興味がな ...

-Blockchain, code, Metaverse, VR
-, ,

Copyright© BUSINESS HACKER , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.