Blockchain code Metaverse VR

SmartContract×VR×Crypto(642)

スポンサーリンク

//tips

//smart contract

米国の文献を読んでいるとペルソナ作りが非常に緻密でものすごい労力を注ぎ込む必要がわかった。このエンドユーザー像の明確化は事業の成功に直結するのだと肌で感じた。稼ぎはスプレッドシートの間ではなく、生身の人間がもたらすとのこと。ひたすら足で稼いでいくしかない部分。

なかなかハード。エンドユーザーモデルを作り込んだ後は十人に確認すれば良いような感じだが、かなり微細なユーザー像を想定しているので、妄想で作るとやけどをする。

ユーザー像構成前にできれば100人、その後できちんと想定できたモデルで、10人を追加で選び、7・8割の精度で購入したいという声を聞けるという段階までブラッシュアップした方が良いのか。

Disciplined Entrepreneurship: 24 Steps to a Successful Startup (English Edition)

人気の記事

1

コロナによる需要変化 コロナパンデミックの影響で、人々は外に出られなくなり、自宅で過ごす時間が増えました。 この自粛ムードの中、下記のようなビジネスの需要変化が引き起こされています。 【利用者減少】 ...

2

米国レストランの決済時に毎日お世話になっていた「Square」のビジネスモデルについて本日はふれていきたいと思います。 「Square」とは、ネットにつながったモバイル端末と専用のカードリーダーを用意 ...

3

無料でネットショップを開けるアプリとして多くの人に驚きを与えたBASE株式会社が、2019年10月25日東証マザーズに上場しました。2020年2月時点で90万店を超えるショップを抱えるまでに成長してい ...

4

2011年にサービスを開始してから圧倒的な成長率を誇るインテリア通販サイト 【FLYMEe/フライミー】を皆さんご存じでしょうか。 「自分のイメージするインテリア、本当に欲しいインテリアがどこにあるの ...

5

ナイキのSNKRSが、なぜこれほどまでに人気なのか?調べてみました。 きっかけは米国での友達との会話。彼は自分のシューズをみせて、「これ20万円もしたんだぜ。」と語ってくれました。 あまり靴に興味がな ...

-Blockchain, code, Metaverse, VR
-, ,

Copyright© BUSINESS HACKER , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.