Blockchain code Metaverse VR

SmartContract×VR×Crypto(636)

スポンサーリンク

//tips

//smart contract

crypto関係の統計情報を探して下記目を通した。

https://www.fsa.go.jp/policy/bgin/ResearchPaper_Summary_qunie_ja.pdf

この資料の目的は、トラストポイント(機能や取引の集中部分)を確認することのようだった。トラストポイントが高まるほど人からの信頼が重要になり、規制の対象になるとのこと。

Flashloanアタックの事例は面白い。110万sUSDを担保に6,796ETHを借りて、オランクル参照先をコントロールして余分に借りた6,796ETHはそのままに担保を110万sUSD放棄/生贄にささげた。意図的な質流しはdefiっぽくてよし。

P55以降の事件部分は単純に興味深い

また、全体図の部分に記載があった、EVM コードにメッセージに対応する処理が記述されていればそれを実行し、無ければデフォルトとして記述されている処理(Fallback 関数) を実行するの部分のデフォルトについては後で確認しておく。

ここからはcrypto関係の統計情報を確認していく。

Dune analysisに取り組む前にできるだけ他のところで情報を取っていく。

まずは安定の統計サイトstatistaから、時価総額部分のボリュームを確認。

Overall cryptocurrency market capitalization per week from July 2010 to July 2022(in billion U.S. dollars)

https://www.statista.com/statistics/730876/cryptocurrency-maket-value/

出典:statista

次にトランザクションのボリューム確認。無料で確認できたstatistaグラフは上記のみ。blockchain.comからトランザクションボリュームのチャートを確認できた

The total estimated value in USD of transactions on the blockchain. This does not include coins returned as change.

出典:blockchain.com

https://www.blockchain.com/charts/n-unique-addresses

Blockchain.comは暗号通貨金融サービス会社で、仮想通貨のウェブウォレットを提供している会社のよう。2011年に創業している。

chainanalysisの登録してstate-of-web3.pdfを入手。

Frontpage (JP)

2022年のトランザクションボリュームの45%はsmart contract-enabled coinが占めている。

cryptocurrencies with the smart contract functionality that powers DeFi and web3 now account for 45%.

さらにTotal value received, number of transfers, and number of services by DeFi
service typeの表でより詳しいvalueとトランザクションの関係を表示している。

また、興味深かったのは

Transaction volume by transfer size category, June 2021–May 2022,
Algorand vs. Bitcoin vs. Ethereumにてbitcoinに比べて、40%がlarge institutionalのトランザクションで占められ、Bitcoinはその比率が30%である一方で、large retailとsmall retailでは想像どうりEthereumの方が大きなトランザクションボリュームを占めていた。

institutionalの捉え方にもよるか。

Who uses NFTs?の部分の記載で面白かったのはNFTマーケットにおける地域ごとのシェア率で、Monthly share of web traffic to NFT marketplaces by region, 2021–2022 YTD、下記のような社えりつになっていた。国の数によりところもあるが経済活動のレベルからダントツでNorth Americaがtopかと思っていたのでここは驚いた。Eastern AsiaもあるのでCentral and Southern Asiaはインド、UAEあたりかな。インドネシアやシンガポールも含まれるのだろうか。

1.Central and Southern Asia
2.North America
3.Western Europe.

Geminiのレポート確認。インドネシアでもcrypto人気が出てる感じか。これは知らなかった。

https://www.gemini.com/state-of-crypto

無料のmessariレポート。

https://messari.io/pdf/messari-report-crypto-theses-for-2022.pdf

Permanent (Venture) Capital: In, Up, & Down, Never Outでの資本の流入。6兆円ぐらいが流れ込んでいるのか($59,600million)と思ったが、AUMはAssets Under Managementで、そのファンドの運用する総資産、ファンドの規模なので必ずしもcryptoに投資したとはかぎらなさそう。フォンドへの人気度という指標にはなるか。

https://cryptofundresearch.com/cryptocurrency-funds-overview-infographic/

人気の記事

1

コロナによる需要変化 コロナパンデミックの影響で、人々は外に出られなくなり、自宅で過ごす時間が増えました。 この自粛ムードの中、下記のようなビジネスの需要変化が引き起こされています。 【利用者減少】 ...

2

米国レストランの決済時に毎日お世話になっていた「Square」のビジネスモデルについて本日はふれていきたいと思います。 「Square」とは、ネットにつながったモバイル端末と専用のカードリーダーを用意 ...

3

無料でネットショップを開けるアプリとして多くの人に驚きを与えたBASE株式会社が、2019年10月25日東証マザーズに上場しました。2020年2月時点で90万店を超えるショップを抱えるまでに成長してい ...

4

2011年にサービスを開始してから圧倒的な成長率を誇るインテリア通販サイト 【FLYMEe/フライミー】を皆さんご存じでしょうか。 「自分のイメージするインテリア、本当に欲しいインテリアがどこにあるの ...

5

ナイキのSNKRSが、なぜこれほどまでに人気なのか?調べてみました。 きっかけは米国での友達との会話。彼は自分のシューズをみせて、「これ20万円もしたんだぜ。」と語ってくれました。 あまり靴に興味がな ...

-Blockchain, code, Metaverse, VR
-, ,

Copyright© BUSINESS HUNTER , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.