Blockchain code Metaverse VR

SmartContract×VR×Crypto(630)

スポンサーリンク

//tips

//smart contract

メインのmetamaskに戻る。

ニューモニックキーにより復元するとテストネット設定が再度やり直しになるも復元すると元のようにtest ethなどはきちんと入っているので安心。

下記のMumbai Testnetなどは事前に別のテキストフォイルに記載しておくとコピペで済むのでおすすめ。

Mumbai Testnet
https://rpc-mumbai.maticvigil.com/
80001
MATIC
https://mumbai.polygonscan.com/

Opensea testネットに入り、tokenid:6のものをsellする。

Floor priceより低い価格ですと警告が出たが0.0001で無事にsell登録完了。

こちらのmetamaskでremixに接続し直す。

コントラクトアドレスを入れて、インスタンスの生成。

Tokenid:6の部分をgetApprovedにて確認したが下記は特に変更はない。ここにはopenseaへの許可は反映されなかったよう。

0:
address: 0x0000000000000000000000000000000000000000

Openseaに対しては全て許可という形になっているのだろうか。

nakiCollectible

https://testnets.opensea.io/assets/rinkeby/0xd01fd6c7d061ed797e9269e9f31889e65ca25da5/6

さて、再び元のテスト用のアカウントに戻る。

同じリスティングページに入り買付実行。無事に購入できた。

その後購入側のテスト用metamaskからremixを起動。

Tokenid:6のOwnerofを実行するときちんとtest用のメタマスクアドレスが表示された。

ちなみにgetapprovedを実行してみると下記のように表された。直接approveを出さない、opensea経由で売買すればこちらは関係なさそう。

0:
address: 0x0000000000000000000000000000000000000000

Approveを解除するrevokeのやり方を確認していく。

1.etherscan

まずはetherscanを利用したrevokeから。これはテストネットのetherscanにはない機能。

右上のバーにあるmoreをクリックし、tokenapprovalsをクリック。

その後に検索欄に自身のアドレスを入れて検出されたものをrevoke。revokeには費用がかかるのでそこは理解しておく。

処理は数秒で終わり、View your transactionが出たら処理が通ったということ。何度もクリックしないこと。

2.revoke.cash

revoke.cashというrevoke専用のサイトもあるとのこと。TokensプラットフォームとNFTsプラットフォームへの許可を確認できる。

https://revoke.cash/

Revokeを行う習慣をしっかりつけるのが大事。

contract.sendTransaction({data:pwnFuncSig})についての深堀を行う。

まず、sendを行うことの意味は、トランザクションを生成し、ブロックチェーン上のデータを変更することになる。viewまたはpureではない関数には、sendを使う。

一方でcallは呼び出すだけ。

おまけに、remixでのインスタンス生成では、下記のcodeを実行していることになる。
const contract = web3.eth.contract(abi).at(address);

他にも下記のような表現もある。

//トランザクションの実行(コントラクトのset関数を実行)
let response = contract.set.sendTransaction("naki”,{from:coinbase,gas:3000000});
console.log("response:",response); //responseにはトランザクションのハッシュ値が返ってくる

下記のようなさまざまなタイプが出てくる。違いはなんなのかを理解する必要がありそう。
web3.eth.sendTransaction()
contract.methods.myMethod(…).send(…)
contract.set.sendTransaction

https://web3js.readthedocs.io/en/v1.2.11/web3-eth.html#id84

コードベースの参考情報はこちら。

web3.jsでブラウザからコントラクトにアクセスする[Ganache]

https://scrapbox.io/sushiether/web3.js_web3.eth.sendTransaction

人気の記事

1

コロナによる需要変化 コロナパンデミックの影響で、人々は外に出られなくなり、自宅で過ごす時間が増えました。 この自粛ムードの中、下記のようなビジネスの需要変化が引き起こされています。 【利用者減少】 ...

2

米国レストランの決済時に毎日お世話になっていた「Square」のビジネスモデルについて本日はふれていきたいと思います。 「Square」とは、ネットにつながったモバイル端末と専用のカードリーダーを用意 ...

3

無料でネットショップを開けるアプリとして多くの人に驚きを与えたBASE株式会社が、2019年10月25日東証マザーズに上場しました。2020年2月時点で90万店を超えるショップを抱えるまでに成長してい ...

4

2011年にサービスを開始してから圧倒的な成長率を誇るインテリア通販サイト 【FLYMEe/フライミー】を皆さんご存じでしょうか。 「自分のイメージするインテリア、本当に欲しいインテリアがどこにあるの ...

5

ナイキのSNKRSが、なぜこれほどまでに人気なのか?調べてみました。 きっかけは米国での友達との会話。彼は自分のシューズをみせて、「これ20万円もしたんだぜ。」と語ってくれました。 あまり靴に興味がな ...

-Blockchain, code, Metaverse, VR
-, ,

Copyright© BUSINESS HUNTER , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.