Blockchain code Metaverse VR

SmartContract×VR×Crypto(596)

スポンサーリンク

//tips

//smart contract

Board表示の改修。

現在Boardの中身の取得を下記で対応しているので各[id]ページ用に編集する。

</Typography>
{ninja[0]&&
<div>
<Boardedit item={ninja}/>
</div>
}
<br />

下記のように変更。

{ninja[0]&&
<div>
{ninja[0].title}
{ninja[0].time}
</div>

}

{ninja[0].text&&
ninja[0].text.map((item,index) => (
<div item key={index}>
<Typography>{item.index}{item.username}:{item.chat}</Typography>
<Typography>{item.chat}</Typography>

</div>
))}

{Date.now()}もつけたが分かりにくいので、{Date(Date.now())とすることで認識可能にした。

{ninja[0]&&
<div>
<Typography variant="h4" component="h1" color='textSecondary' gutterBottom>
{ninja[0].title}
</Typography>
</div>

}

{ninja[0].text&&
ninja[0].text.map((item,index) => (
<div item key={index}>
<div className={classes.titleback}>
<h2>{index} &nbsp; ◆{item.username}◆{Date(Date.now())}</h2>
<h2 >{item.chat}</h2>
</div>
<br />
</div>
))}

悪くない感じ。usernameも表示させたいので、localStorage.SetItemのタイミングを探す。

まずは/ID/[id]ページ。自身の認証ができた場合に、 localStorage.setItem(‘username’,ninja[0]username)もローカル保存させる。pile.username = data.usernameでusernameはマストになっているのでどこのindexでも取得可能になっている。

if(localStorage.getItem('authhistory')==ninja[0].mail){
setidmailcheck(true)
localStorage.setItem('authuserid',ninja[0].userid)
localStorage.setItem(‘username’,ninja[0]username)

useEffect(() => {
if(localStorage.getItem('authhistory')==ninja[0].mail){
localStorage.setItem('authuserid',ninja[0].userid)
localStorage.setItem('username',ninja[0].username)
}

signInWithEmailAndPassword(auth,email,password)
.then((cred)=>{
//console.log('user loged in:',cred.user)
localStorage.setItem('authhistory',email)
localStorage.setItem('authuserid',ninja[0].userid)
localStorage.setItem('username',ninja[0].username)

次にloginページでの認証。

useEffect(() => {
localStorage.setItem('username',doc.data().username)

また、handleOnAuthIn(eの場合も問題なく取得できた。

サインアップの際に呼ばれる handleOnAuth(eの場合はどうなるか。この時点では自身のusernameを決めていないためmailがusernameとなっている。

下記で登録しておく。

localStorage.setItem('username','username'+docRef.id)

TopページとなるIndexにも同様の処理を行う。authidがセットできる部分にはusernameも一緒にセットするようにしておいた。

localStorage.getItem(‘username’)をBoardの[id]に組み込む。

初期時点のデータベース”username”の登録・編集場所はどこだったか。

最初の初期登録にusernameの設定も加えてしまう。その方がシンプルになりそう。

人気の記事

1

コロナによる需要変化 コロナパンデミックの影響で、人々は外に出られなくなり、自宅で過ごす時間が増えました。 この自粛ムードの中、下記のようなビジネスの需要変化が引き起こされています。 【利用者減少】 ...

2

米国レストランの決済時に毎日お世話になっていた「Square」のビジネスモデルについて本日はふれていきたいと思います。 「Square」とは、ネットにつながったモバイル端末と専用のカードリーダーを用意 ...

3

無料でネットショップを開けるアプリとして多くの人に驚きを与えたBASE株式会社が、2019年10月25日東証マザーズに上場しました。2020年2月時点で90万店を超えるショップを抱えるまでに成長してい ...

4

2011年にサービスを開始してから圧倒的な成長率を誇るインテリア通販サイト 【FLYMEe/フライミー】を皆さんご存じでしょうか。 「自分のイメージするインテリア、本当に欲しいインテリアがどこにあるの ...

5

ナイキのSNKRSが、なぜこれほどまでに人気なのか?調べてみました。 きっかけは米国での友達との会話。彼は自分のシューズをみせて、「これ20万円もしたんだぜ。」と語ってくれました。 あまり靴に興味がな ...

-Blockchain, code, Metaverse, VR
-, ,

Copyright© BUSINESS HACKER , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.