Blockchain code Metaverse VR

SmartContract×VR×Crypto(594)

スポンサーリンク

//tips

YouTubeにてアバタームービー第一号公開。

//smart contract

早速slitherを導入してみる。

pip3 install slither-analyzer

Slither requires Python 3.6+ and solc, the Solidity compiler.

You are using pip version 21.1.1; however, version 22.1.2 is available.
You should consider upgrading via the '/Library/Frameworks/Python.framework/Versions/3.9/bin/python3.9 -m pip install --upgrade pip' command.

バージョンが古いようなのでターミナルにてpip3 install --upgrade pipでアップグレード。

pip3 install slither-analyzer

Requirement already satisfied: slither-analyzer in /Library/Frameworks/Python.framework/Versions/3.9/lib/python3.9/site-packages (0.8.3)
Requirement already satisfied: pysha3>=1.0.2 in /Library/Frameworks/Python.framework/Versions/3.9/lib/python3.9/site-packages (from slither-analyzer) (1.0.2)
Requirement already satisfied: crytic-compile>=0.2.3 in /Library/Frameworks/Python.framework/Versions/3.9/lib/python3.9/site-packages (from slither-analyzer) (0.2.3)
Requirement already satisfied: prettytable>=0.7.2 in /Library/Frameworks/Python.framework/Versions/3.9/lib/python3.9/site-packages (from slither-analyzer) (3.3.0)
Requirement already satisfied: wcwidth in /Library/Frameworks/Python.framework/Versions/3.9/lib/python3.9/site-packages (from prettytable>=0.7.2->slither-analyzer) (0.2.5)

きちんと条件を満たしているというメッセージが出てきた。

slither .

を実行。これでフォルダの全てのコントラクトを検証してくれる。

Warning: This declaration shadows an existing declaration.
--> project:/contracts/ArtCollectible.sol:67:24:
|
67 | function claimItem(string memory tokenURI) public returns (uint256) {
| ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
Note: The shadowed declaration is here:
--> project:/contracts/ArtCollectible.sol:40:5:
|
40 | function tokenURI(uint256 tokenId)
| ^ (Relevant source part starts here and spans across multiple lines).

,Warning: Visibility for constructor is ignored. If you want the contract to be non-deployable, making it "abstract" is sufficient.
--> project:/contracts/ArtCollectible.sol:18:5:
|
18 | constructor() public ERC721("artCollectible", "ARTC") {}
| ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

> Artifacts written to /Users/akihironakamura/nft-demo/build/contracts
> Compiled successfully using:
- solc: 0.8.14+commit.80d49f37.Emscripten.clang

ERC721._checkOnERC721Received(address,address,uint256,bytes) (@openzeppelin/contracts/token/ERC721/ERC721.sol#388-409) ignores return value by IERC721Receiver(to).onERC721Received(_msgSender(),from,tokenId,_data) (@openzeppelin/contracts/token/ERC721/ERC721.sol#395-405)
Reference: https://github.com/crytic/slither/wiki/Detector-Documentation#unused-return

ArtCollectible.claimItem(string).tokenURI (ArtCollectible.sol#67) shadows:
- ArtCollectible.tokenURI(uint256) (ArtCollectible.sol#40-65) (function)
- ERC721.tokenURI(uint256) (@openzeppelin/contracts/token/ERC721/ERC721.sol#93-98) (function)
- IERC721Metadata.tokenURI(uint256) (@openzeppelin/contracts/token/ERC721/extensions/IERC721Metadata.sol#26) (function)
Reference: https://github.com/crytic/slither/wiki/Detector-Documentation#local-variable-shadowing

shadowsについて調べていくと、Name Collisionが問題となっているとのこと。名前衝突(Name Collision)とは、ある組織内のネットワークで利用している名前と、 パブリックなDNSで利用しているドメイン名が、衝突してしまう状態。

なので下記のように変数名を変更する必要がある。
name => name_ or contractName
symbol => symbol_ or contractSymbol

function claimItem(string memory tokenURI) public returns (uint256) {
_tokenIds.increment();
uint256 newItemId = _tokenIds.current();
_safeMint(msg.sender, newItemId);
_setTokenURI(newItemId, tokenURI);
return newItemId;
}

_tokenURIに下線を追加した。

function claimItem(string memory _tokenURI) public returns (uint256) {
_tokenIds.increment();
uint256 newItemId = _tokenIds.current();
_safeMint(msg.sender, newItemId);
_setTokenURI(newItemId, _tokenURI);
return newItemId;
}

constructor() public ERC721("artCollectible", "ARTC") {}の中身を入れていないので警告が出ている。

コントラクトが作られた時、constructorが一度だけ実行される。ここはトークンの名前とシンボルを決める箇所で空欄でも問題ないようだが、ownerを組み込んだり、baseURIを読み込むことができるよう。

address owner;
owner = msg.sender;

ちなみに継承したabstract contract Ownable is Context {で_ownerは設定されている。
address private _owner;

constructor() {
_setOwner(_msgSender());
}

constructor(string memory baseURI) ERC721("PudgyPenguins", "PPG") {
setBaseURI(baseURI);
pause(true);
}

baseURIはページの飛び先のことかと思ったが(https://pudgypenguins.com/#/)違っており、ipfsのurlのよう。urlは後で設定していくものかと思っていたが、最初に設定しておくこともでき、これで後から個別に設定する労力を割かなくてよくするとのこと。 URI = base URI + token IDとすれば自動的に個別URIを割り当てることができるため。

To set the base uri of where your metadata presides. For example, you have all your metadata hosted on a server with the endpoint as https://www.myserver.com/metadata/<token id> then your base uri is https://www.myserver.com/metadata/.

This helps to reduce the work of having to manually set the URI for each individual NFT.

https://forum.openzeppelin.com/t/what-is-setbaseuri-used-for/16294

関連してERC721にあるtransferの中の_isApprovedOrOwner関数を確認。この制約でトークンオーナーのみ転送を可能にしている。

https://note.com/fintertech/n/n3bd735e1e69e

Ownableについても確認。

【Solidity基礎】OpenZeppelinのOwnableについて

最後に下記にエラーを確認。

ERC721._checkOnERC721Received(address,address,uint256,bytes) (@openzeppelin/contracts/token/ERC721/ERC721.sol#388-409) ignores return value by IERC721Receiver(to).onERC721Received(_msgSender(),from,tokenId,_data) (@openzeppelin/contracts/token/ERC721/ERC721.sol#395-405)
Reference: https://github.com/crytic/slither/wiki/Detector-Documentation#unused-return

これはERC721のfunction _checkOnERC721Received(の部分に由来するもののよう。
この関数はユーザーへの送付ならば問題なく、コントラクトへの送付の場合2パターンに分岐させて異なる処理を取らせるというもの。コントラクトの関数を実行するか、コントラクトへの送金か。

The ERC721 calls this method, and now execution goes to the receiver contract to do whatever he wants. For example - staking the received token. [or more dangerously - reenter the ERC721 contarct.]

function _checkOnERC721Received(
address from,
address to,
uint256 tokenId,
bytes memory data
) private returns (bool) {
if (to.isContract()) {
try IERC721Receiver(to).onERC721Received(_msgSender(), from, tokenId, data) returns (bytes4 retval) {
return retval == IERC721Receiver.onERC721Received.selector;
} catch (bytes memory reason) {
if (reason.length == 0) {
revert("ERC721: transfer to non ERC721Receiver implementer");
} else {
/// @solidity memory-safe-assembly
assembly {
revert(add(32, reason), mload(reason))
}
}
}
} else {
return true;
}

問題ないか。

実際にdeployされているNFTシリーズのコントラクト群が気になるのでPudgyPenguinsのものを確認。
18の下記のコントラクトから構成されている。

https://etherscan.io/address/0xbd3531da5cf5857e7cfaa92426877b022e612cf8#code

ERC721Pausable.sol
PudgyPenguins.sol
Ownable.sol
Pausable.sol
ERC721.sol
IERC721.sol
IERC721Receiver.sol
ERC721Burnable.sol
ERC721Enumerable.sol
IERC721Enumerable.sol
IERC721Metadata.sol
Address.sol
Context.sol
Counters.sol
Strings.sol
ERC165.sol
IERC165.sol
SafeMath.sol

BoredApeYachtClubも確認。PudgyPenguinsほど細かく書かれていなかった。残念。ゾンビ触りつつ見直す。

https://etherscan.io/address/0xbc4ca0eda7647a8ab7c2061c2e118a18a936f13d#code

 

人気の記事

1

コロナによる需要変化 コロナパンデミックの影響で、人々は外に出られなくなり、自宅で過ごす時間が増えました。 この自粛ムードの中、下記のようなビジネスの需要変化が引き起こされています。 【利用者減少】 ...

2

米国レストランの決済時に毎日お世話になっていた「Square」のビジネスモデルについて本日はふれていきたいと思います。 「Square」とは、ネットにつながったモバイル端末と専用のカードリーダーを用意 ...

3

無料でネットショップを開けるアプリとして多くの人に驚きを与えたBASE株式会社が、2019年10月25日東証マザーズに上場しました。2020年2月時点で90万店を超えるショップを抱えるまでに成長してい ...

4

2011年にサービスを開始してから圧倒的な成長率を誇るインテリア通販サイト 【FLYMEe/フライミー】を皆さんご存じでしょうか。 「自分のイメージするインテリア、本当に欲しいインテリアがどこにあるの ...

5

ナイキのSNKRSが、なぜこれほどまでに人気なのか?調べてみました。 きっかけは米国での友達との会話。彼は自分のシューズをみせて、「これ20万円もしたんだぜ。」と語ってくれました。 あまり靴に興味がな ...

-Blockchain, code, Metaverse, VR
-, ,

Copyright© BUSINESS HUNTER , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.