Blockchain code Metaverse VR

SmartContract×VR×Crypto(579)

スポンサーリンク

//tips

テキストから画像を生成するgoogleシステム。ベースの素材が自身で選べないのが微妙。アイデアを得るのには良さそう。

https://japan.zdnet.com/article/35187940/

https://imagen.research.google/

複利良きかな。

https://www.coindesk.com/business/2022/05/27/siam-commercial-bank-is-chasing-defi-yield-through-compound/

Solidity忘れつつある定期的に見直さねば。

//smart contract

自身に対するメッセージも表示する形になってしまっているので、そちらをリストから外す。

これはninjafinalvを展開して、カードの中に生成している。

{ninjafinalv&&ninjafinalv.map((item,index) => (
<div key={index} >

ninjafinalvはmixlistからninjafinal.includes(x.userid)分を抜き出したものであり、useeffect内のsetninjafinal(ninjax)にて値を設定されている。

ninjaxはvar ninjax=[]として配列でninja配列内部のuseridとTowhomが異なる場合のidを格納している。

if(Item.userid !=Item.Towhom ){
console.log('ninjax')

//if(!ninjax.indexOf(Item.userid)){
console.log('ninjax2')
ninjax.push(Item.userid)
//}
}

本来は自身のものは表示されないはず。どこかがおかしいので if(mixdone&&ninjax!=[]&&!ninjafinalflag){の中でログをとる。

console.log(ninjafinal)
console.log(ninjax)

Ninjaxの方にuser1がかなり入っていた。1から誰かに送ってもuseridは1だから当然か。このあと処理していた部分を飛ばしてそのままninjafinalに格納するようにしたのが問題だったよう。

if(Item.userid !=Item.Towhom ){
if(Item.userid!=authid){
ninjax.push(Item.userid

}
}

authidは初期化前には使用できないとのこと。コードの順番が悪かった。const [authid, setauthid] = useState(‘’)とuseeffectを上部に持ってきた。

これにて無事に自身の表示をなくすことができた。

カードの中に表示されるlastmessageの表示を修正。

文字列の表示位置がいまいちに感じた。makestyleや<br/>で色々変更したが結局初期位置に落ち着いた。

文字の表示を一部のみにしてあとは省略の上、3点リーダーを記載する。

textover:{
overflow: "hidden",
textOverflow: "ellipsis",

},

効果なし。強引に文字制限かけるか。makestyle周りは使える時と使えない時があるので難しい。

<Typography >{itemold[itemold.length-1].slice(0,5)}...</Typography>

こちらにシンプルに5文字までを表示させた。

メッセージの方はきちんと設計できた。

以前作成したshopifyアカウントはどうなったか確認。月次プランを解約したためshop自体は全て消滅してしまった模様。無念。ここは後で触る。

自作画像のNFT登録を行なっていく。かなりsolidity,truffleなど忘れている。やばし。

https://ethereum.org/ja/developers/docs/standards/tokens/erc-721/

https://eips.ethereum.org/EIPS/eip-721

DigitalArtChainでオリジナルのERC721トークンを発行する方法

https://ethereumnavi.com/2021/11/09/contract-study-2-solidity-erc721/

https://cam-inc.co.jp/p/techblog/603394496142509097

ERC721トークンの実装とRinkebyデプロイ

https://hide.ac/articles/ow-9eH8F-

https://docs.soliditylang.org/en/v0.8.9/contracts.html#using-for

流れとして、remixで完結できるかわからないがOpenZeppelinで提供されているERC721のコントラクトを利用して、IPFSで分散させたimageのURLをこちらに渡し、TruffleでTestnetにデプロイ、自身のwalletアドレスに対してmint(0x012345...) すればいける気がする。

読み込まねば。

久しぶりにremixを開くと怪しげな警告を発見。

https://remix.ethereum.org/#optimize=false&runs=200&evmVersion=null&version=soljson-v0.8.7+commit.e28d00a7.js

Scam Alert: Beware of online videos promoting "liquidity front runner bots".

YouTubeにて資金抜き取りのコードが書かれているので気をつけてとのこと。

OpenSeaにはテストネットであるRinkebyのマーケットプレイスも用意されており、Gas代をかけずにメインネットと同一の操作やテストが可能とのこと。

Ethereum and Solidity: The Complete Developer's Guideを見直したり、クリプトゾンビをやって思い出す必要がある。

 

人気の記事

1

コロナによる需要変化 コロナパンデミックの影響で、人々は外に出られなくなり、自宅で過ごす時間が増えました。 この自粛ムードの中、下記のようなビジネスの需要変化が引き起こされています。 【利用者減少】 ...

2

米国レストランの決済時に毎日お世話になっていた「Square」のビジネスモデルについて本日はふれていきたいと思います。 「Square」とは、ネットにつながったモバイル端末と専用のカードリーダーを用意 ...

3

無料でネットショップを開けるアプリとして多くの人に驚きを与えたBASE株式会社が、2019年10月25日東証マザーズに上場しました。2020年2月時点で90万店を超えるショップを抱えるまでに成長してい ...

4

2011年にサービスを開始してから圧倒的な成長率を誇るインテリア通販サイト 【FLYMEe/フライミー】を皆さんご存じでしょうか。 「自分のイメージするインテリア、本当に欲しいインテリアがどこにあるの ...

5

ナイキのSNKRSが、なぜこれほどまでに人気なのか?調べてみました。 きっかけは米国での友達との会話。彼は自分のシューズをみせて、「これ20万円もしたんだぜ。」と語ってくれました。 あまり靴に興味がな ...

-Blockchain, code, Metaverse, VR
-, ,

Copyright© BUSINESS HACKER , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.