Blockchain code Metaverse VR

SmartContract×VR×Crypto(564)

スポンサーリンク

//tips

「火星の人」「オデッセイ」の原作を書いたアンディ ウィアーさんの新作「プロジェクト・ヘイル・メアリー」 は鳥肌もののため寝る前に読むのは控えましょう。眠れなくなります。

//smart contract

Editにて必要な具体的なcard以外を削除する。

削除にあたり、初期には他の項目と一緒に手作業でcard内容も反映させていただので、きちんと分離されているかデータベースを確認しながら処理。

一つfolloingなどの引用元とかぶっているものを見つけたので分離処理。

下記のお頼み依頼をボードに乗せた。

2D 15sec NFT shotrt movie project
If somebody can make funny 2D animation short movie,please let me know.I would like to commission some work.

Notesではなくboardに変更。

下記のようなwarningログが出ていたがよおくみるとcompileデータとの生合成が取れないとの警告。調べてみるとbuild時点で最新のコンパイルデータになるようなので問題ないとのこと。

./components/Layout.js
There are multiple modules with names that only differ in casing.
This can lead to unexpected behavior when compiling on a filesystem with other case-semantic.
Use equal casing. Compare these module identifiers:

Bordの上に現在作成中のshort movieを組み込めるように新たな枠を作る。

Nft imageの右側の文字色を灰色にする。

<Typography color='textSecondary' variant="h3" >
{ninja[0].username}
</Typography>

<Typography color='textSecondary' variant="h5" >
{address}
</Typography>

フォントも変えようかと思ったが色だけで十分印象変わったので十分。

Imageの表示を丸に切り取るか検討中。できれば額縁のような形にしたほうが本来の姿を見せられるのだがどうするか。

https://ji23-dev.com/blogs/image-resize

https://morioh.com/p/17e63a744f56

Youtubeのコメント欄が少しいまいちなので削除予定。

EditのItsmEのタイトル下にYouTubeスクリプトを複製し、挿入。

item.youtubeIdではなく独自のitsmeidを作成しておく。

pile.itsmeid = data.itsmeid ?data.itsmeid:null

最初はデータベースの方に手入力でyoutube動画idを格納。

{ninja.map((item,index) => (
<div key={index} >
{item.itsmeid&&(
<div>

<img src={`http://img.youtube.com/vi/${item.itsmeid}/maxresdefault.jpg`} alt="" width='100%' onClick={()=>{document.location.href = "https://www.youtube.com/watch?v="+item.youtubeId}}/>

Youtubeをitsmeidに格納した場合、表示の方はこちらで問題ない。

const [openflagit,setFlagit]=useState(false)

const [youitsid,setYitsid]=useState('')
const [myyouits, setMyyouits] = useState();

イベント関数も複製の上、カスタマイズ。

{openflagit && (
<div>
itsme 登録・更新
<form noValidate autoComplete="off" onSubmit={handleOnitsmeCard}>

<TextField
onChange={(e)=>setYitsid(e.target.value)}

delete部分のhandleDeleteYoutubeはそのまま使い回せた。

Onclickを別のタブで開けるように変更する。

人気の記事

1

コロナによる需要変化 コロナパンデミックの影響で、人々は外に出られなくなり、自宅で過ごす時間が増えました。 この自粛ムードの中、下記のようなビジネスの需要変化が引き起こされています。 【利用者減少】 ...

2

米国レストランの決済時に毎日お世話になっていた「Square」のビジネスモデルについて本日はふれていきたいと思います。 「Square」とは、ネットにつながったモバイル端末と専用のカードリーダーを用意 ...

3

無料でネットショップを開けるアプリとして多くの人に驚きを与えたBASE株式会社が、2019年10月25日東証マザーズに上場しました。2020年2月時点で90万店を超えるショップを抱えるまでに成長してい ...

4

2011年にサービスを開始してから圧倒的な成長率を誇るインテリア通販サイト 【FLYMEe/フライミー】を皆さんご存じでしょうか。 「自分のイメージするインテリア、本当に欲しいインテリアがどこにあるの ...

5

ナイキのSNKRSが、なぜこれほどまでに人気なのか?調べてみました。 きっかけは米国での友達との会話。彼は自分のシューズをみせて、「これ20万円もしたんだぜ。」と語ってくれました。 あまり靴に興味がな ...

-Blockchain, code, Metaverse, VR
-, ,

Copyright© BUSINESS HACKER , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.