Blockchain code public-private partnership 起業

Smallbusiness×Hunter×Blockchain(774)

スポンサーリンク

//tips

//Biz

営業候補先ストック。猟銃読本周回。

買い出しおよび洗濯。

嶋津さん発表練習確認。問題なし。

企業型の確定拠出年金を個人のものに移し替え手続き。

川縁で自分のボイス吹き込みと聞くをひたすら繰り返す。
イケボというよりは、舐めプ声に特化した方が逆に需要が出るのではと
思えるレベルだった。
ただ、スラスラ喋れば気にならないので、言いたいことを用意してから、しゃべることが大事なボイスだと感じた。

IOT制作
counterfitにrelayを追加。actuatorsの方。

追加したらsoil-moisture-sensorのcodeを編集していく。

adcセンサーで取得した湿度計の値でRelay操作を加える。

from counterfit_connection import CounterFitConnection
CounterFitConnection.init('127.0.0.1', 5000)

import time
from counterfit_shims_grove.adc import ADC

from counterfit_shims_grove.grove_relay import GroveRelay

adc = ADC()

relay = GroveRelay(5)

while True:
#土中の湿度確認
soil_moisture = adc.read(0)
print("Soil moisture:", soil_moisture)

time.sleep(3)

#relay制御
if soil_moisture > 450:
print("Soil Moisture is too low, turning relay on.")
relay.on()
else:
print("Soil Moisture is ok, turning relay off.")
relay.off()

アウトプット。

Soil moisture: 508
Soil Moisture is too low, turning relay on.

Soil moisture: 309
Soil Moisture is ok, turning relay off.

素晴らしい。

これをMQTT接続する。

pip3 install paho-mqtt

下記を追加。

#MQTT接続
id = '4ef9e3dc-808d-4288-bc39-83692a2149e5'
client_name = id + 'soilmoisturesensor_client'
mqtt_client = mqtt.Client(client_name)
mqtt_client.connect('test.mosquitto.org')

mqtt_client.loop_start()

print("MQTT connected!")

さらに遠隔通信でのメッセージを送りたいのでtelementryも設定する。

import json

さらにcodeも編集。

from counterfit_connection import CounterFitConnection
CounterFitConnection.init('127.0.0.1', 5000)

import time
from counterfit_shims_grove.adc import ADC

from counterfit_shims_grove.grove_relay import GroveRelay

import paho.mqtt.client as mqtt

import json

#MQTT接続
id = '4ef9e3dc-808d-4288-bc39-83692a2149e5'
client_name = id + 'soilmoisturesensor_client'

#telementry送信
client_telemetry_topic = id + '/telemetry'

mqtt_client = mqtt.Client(client_name)
mqtt_client.connect('test.mosquitto.org')

mqtt_client.loop_start()

print("MQTT connected!")

#湿度計接続
adc = ADC()

relay = GroveRelay(5)

while True:
soil_moisture = adc.read(0)
print("Soil moisture:", soil_moisture)

#telemetry json/publish
telemetry = json.dumps({'soil_moisture' : soil_moisture})

print("Sending telemetry ", telemetry)

mqtt_client.publish(client_telemetry_topic, telemetry)

time.sleep(3)

if soil_moisture > 450:
print("Soil Moisture is too low, turning relay on.")
relay.on()
else:
print("Soil Moisture is ok, turning relay off.")
relay.off()

復習しながらだが、ヘビーになってきた。
soil-moisture-sensor-serverを次に作る。

人気の記事

1

コロナによる需要変化 コロナパンデミックの影響で、人々は外に出られなくなり、自宅で過ごす時間が増えました。 この自粛ムードの中、下記のようなビジネスの需要変化が引き起こされています。 【利用者減少】 ...

2

米国レストランの決済時に毎日お世話になっていた「Square」のビジネスモデルについて本日はふれていきたいと思います。 「Square」とは、ネットにつながったモバイル端末と専用のカードリーダーを用意 ...

3

無料でネットショップを開けるアプリとして多くの人に驚きを与えたBASE株式会社が、2019年10月25日東証マザーズに上場しました。2020年2月時点で90万店を超えるショップを抱えるまでに成長してい ...

4

2011年にサービスを開始してから圧倒的な成長率を誇るインテリア通販サイト 【FLYMEe/フライミー】を皆さんご存じでしょうか。 「自分のイメージするインテリア、本当に欲しいインテリアがどこにあるの ...

5

ナイキのSNKRSが、なぜこれほどまでに人気なのか?調べてみました。 きっかけは米国での友達との会話。彼は自分のシューズをみせて、「これ20万円もしたんだぜ。」と語ってくれました。 あまり靴に興味がな ...

-Blockchain, code, public-private partnership, 起業
-, ,

Copyright© BUSINESS HUNTER , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.