Blockchain code public-private partnership 起業

Smallbusiness×Hunter×Blockchain(763)

スポンサーリンク

//tips

//Biz

営業。猟銃問題集周回完了、再度テキスト読み。

図書館。IOT本。

テック案件募集お話し。

郵便局21円足りないので訪問して発送。

Iot制作プログラムシュミレーション。

https://github.com/microsoft/IoT-For-Beginners

mkdir nightlight
cd nightlight

python3 -m venv .venv
×python3 -m venv nightlight これは必要なさそう

ターミナルフォルダが(.venv)の中に表示されるようになるので
python --version
きちんとPython 3.9.5が確認できた。

pip install CounterFit

この後に下記を入れるとCollecting CounterFitと出る。
pip install counterfit-connection

さらに下記をいれると、いろいろダウンロードする。
pip install counterfit-shims-grove

落ち着いたところで
touch app.py
ファイルを作成。

code .
こちらにvscodeで書いていけば良い。この中でターミナルを開き、

print('Hello World!')

とするとzsh: unknown file attribute: Hというエラー。
先ほどpython3 -m venv nightlight を入れちゃったのがダメな気がするので一旦全部消去。

再度実行。

あと、print('Hello World!’)の中ではなくapp.pyの中に書き込むところも間違ってた笑なんでや。

python app.py

これできちんと
(.venv) ➜ nightlight python app.py
Hello World!

と表示された。連携はうまくいっている感じ。

次ハードに接続。

counterfit

を入れるとエラー。

OSError: [Errno 48] Address already in us

これは何ぞ。

ポートで何かが生きているのが問題のよう。

lsof -i:5000

これで出てきたPIDをkillすれば良いよう。

Kill 479

Kill しても別のが生成されている。

Kill -9 をしても別のものが生成される。

調べるとAirPlayが5000を占有しているとのこと。

設定の共有からこれをオフ。

ついにlsof -i:5000を実行しても何も出てこなくなった。

これできちんとcounterfitが通る。

ライブサーバーを押したら5500でページが表示されるので5000に直してあげるときちんとブラウザ表示できた。

http://127.0.0.1:5000/

下記もapp.pyに追加。
from counterfit_connection import CounterFitConnection
CounterFitConnection.init('127.0.0.1', 5000)

counterfit
CounterFit - virtual IoT hardware running on port 5000
Sensor units called: {'type': 'Button'}

https://github.com/microsoft/IoT-For-Beginners/blob/main/1-getting-started/lessons/1-introduction-to-iot/virtual-device.md

なんだきちんとポート番号を変えるやり方も載っていた。 CounterFit --port <port_number>

きちんとボタンとLEDをconnectedできたとのこと。なんじゃこりゃ。

import time
from counterfit_shims_grove.grove_light_sensor_v1_2 import GroveLightSensor

from counterfit_connection import CounterFitConnection
CounterFitConnection.init('127.0.0.1', 5000)

light_sensor = GroveLightSensor(0)

while True:
light = light_sensor.light
print('Light level:', light)
time.sleep(1)

ライトセンサーを生成。永遠にループするのでctr+Cで離脱。

光を入れたらそれを数値のレベルで出すものなのだが、実物の光のないのでvalueに数値を入れて、それをレベルで吐き出すようにしている。

あとは調整機能もあるよう。多めにもらったら少なめに出したり、少なめの場合は多めに出すように制御する感じか。

実物があったほうがおもロイ感じがする。一通りやってみる。

人気の記事

1

コロナによる需要変化 コロナパンデミックの影響で、人々は外に出られなくなり、自宅で過ごす時間が増えました。 この自粛ムードの中、下記のようなビジネスの需要変化が引き起こされています。 【利用者減少】 ...

2

米国レストランの決済時に毎日お世話になっていた「Square」のビジネスモデルについて本日はふれていきたいと思います。 「Square」とは、ネットにつながったモバイル端末と専用のカードリーダーを用意 ...

3

無料でネットショップを開けるアプリとして多くの人に驚きを与えたBASE株式会社が、2019年10月25日東証マザーズに上場しました。2020年2月時点で90万店を超えるショップを抱えるまでに成長してい ...

4

2011年にサービスを開始してから圧倒的な成長率を誇るインテリア通販サイト 【FLYMEe/フライミー】を皆さんご存じでしょうか。 「自分のイメージするインテリア、本当に欲しいインテリアがどこにあるの ...

5

ナイキのSNKRSが、なぜこれほどまでに人気なのか?調べてみました。 きっかけは米国での友達との会話。彼は自分のシューズをみせて、「これ20万円もしたんだぜ。」と語ってくれました。 あまり靴に興味がな ...

-Blockchain, code, public-private partnership, 起業
-, ,

Copyright© BUSINESS HUNTER , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.