Blockchain code Metaverse VR

Crypto×VR×SmartContract(549)

スポンサーリンク

//tips

//smart contract

文字がカードの枠に張り付いているのが気になるので、文字を若干離せないかも試す。

CardContentを使えばいいことに気づき、import { CardContent } from '@mui/material’;を導入。

<Card variant="outlined" sx={{height: 70}} className={classes.cardmargin} gutterBottom>
<CardContent>
<Typography variant='body2'color='textSecondary'>

{item.ycomment}
</Typography>

</CardContent>

</Card>

かなり整ってきた。[id]ページのハッシュが何もなくても表示されてしまうので表示は値がある場合に限定する。

{hash1get &&
<div>
<br />
<Typography variant="h5" color="primary" onClick={()=>{document.location.href = custom1get}}>#{hash1get}</Typography>
</div>
}

{hash2get &&
<div>
<br />
<Typography variant="h5" color="primary" onClick={()=>{document.location.href = custom2get}}>#{hash2get}</Typography>
<br />
</div>}

上記の分岐処理にて対応完了。

管理者としては、なんだかんだログアウトボタンが欲しかったので、TOPページにはログアウトボタンをつける。

その代わり、各人の[id]ページからは登録及びログインの手続き部分は省くことにする。

トップページのログアウトボタンも復活させた。

<Button variant="outlined" sx={{ fontSize: 25 }}  className={classes.imagemargin} onClick={handleOnAuthOut}>Logout</Button>

Looking for your friendsの下に直近の登録者のアイコン表示を加え、さらにその下には自身のfriendsのアイコンと名前も表示させていきたいところ。

あとは[id]とeditページにDebankリンクもつけられるようにするか。

ItsmEロゴの発注やデプロイも見えてきた。同時に動作も軽くしなければいけないし、表示エラーをなくす必要がある。

YouTubeはサブネイルを取得してリンクをつけて飛ばす方法も模索する。

今のところサブメニューに加えたいものはないので、サブメニューは非表示で良いかも知れない。

人気の記事

1

コロナによる需要変化 コロナパンデミックの影響で、人々は外に出られなくなり、自宅で過ごす時間が増えました。 この自粛ムードの中、下記のようなビジネスの需要変化が引き起こされています。 【利用者減少】 ...

2

米国レストランの決済時に毎日お世話になっていた「Square」のビジネスモデルについて本日はふれていきたいと思います。 「Square」とは、ネットにつながったモバイル端末と専用のカードリーダーを用意 ...

3

無料でネットショップを開けるアプリとして多くの人に驚きを与えたBASE株式会社が、2019年10月25日東証マザーズに上場しました。2020年2月時点で90万店を超えるショップを抱えるまでに成長してい ...

4

2011年にサービスを開始してから圧倒的な成長率を誇るインテリア通販サイト 【FLYMEe/フライミー】を皆さんご存じでしょうか。 「自分のイメージするインテリア、本当に欲しいインテリアがどこにあるの ...

5

ナイキのSNKRSが、なぜこれほどまでに人気なのか?調べてみました。 きっかけは米国での友達との会話。彼は自分のシューズをみせて、「これ20万円もしたんだぜ。」と語ってくれました。 あまり靴に興味がな ...

-Blockchain, code, Metaverse, VR
-, ,

Copyright© BUSINESS HACKER , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.