Blockchain code Metaverse VR

Crypto×VR×SmartContract(545)

スポンサーリンク

//tips

ベトナムの方からポジションをオープンにしてくれという話が来た。励みになる。一旦ベータ版までは自分で制作するので、その後でお願いする旨お伝え。ブロックチェーンに連結させるところからはさらに手探りになるかと思うので、そこからは脳みそを拡張する必要がある。人選が一番大事。何度か自分で直接会って話して決める。

//smart contract

次にLinkを自動でカスタムして生成できる仕組みも組み込んでいく。

ハッシュ記号の後に短い単語を置き、それを押すとリンクへ飛ぶようにする。

Set Custom Link 1
<form noValidate autoComplete="off" onSubmit={handleOnNFTLink}>
#
<TextField
onChange={(e)=>setnftLink(e.target.value)}
variant="outlined"
color="secondary"
defaultValue='Custom Link'
fullWidth
required
/>

<Box textAlign="center">
<Button
type="submit"
varient="contained"
onClick={()=>console.log('aa')}
>
submit
</Button>
</Box>
</form>

イベント関数はonSubmit={handleOnNFTCustomLink1}にて設定。

const [customlink1, setcustomLink1] = useState('')
const [custom1get, setcustom1get] = useState('')
const [customdocid1, setcustomdocid1] = useState('')

const [customhash1, setcustomhash1] = useState('')
const [hash1get, sethash1get] = useState('')
const [hash1docid, sethash1docid] = useState('')

さらに、下記のような追加を行うためにgetStaticPropsへの追加を行う。

if(Item.nftlink !=null||Item.nftlink !=undefined){

if(nftlinkget==undefined||nftlinkget==null||nftlinkget==''){
setnftLinkget(Item.nftlink)
setnftdocidget(Item.docid)
}
}

pile.customlink1 = data.customlink1 ?data.customlink1:null
pile.customhash1 = data.customhash1 ?data.customhash1:null
pile.customlink2 = data.customlink2 ?data.customlink2:null
pile.customhash2 = data.customhash2 ?data.customhash2:null

これをもとに4パターン作成していくことになる。

if(Item.customlink1 !=null||Item.customlink1 !=undefined){

if(custom1get==undefined||custom1get==null||custom1get==''){
setcustom1get(Item.customlink1)
setcustomdocid1(Item.docid)
}
}

イベント関数を下記のように生成。

async function handleOnNFTCustomLink1(e) {
e.preventDefault();

console.log('custom1get')
console.log(custom1get)

console.log('customhash1')
console.log(customhash1)

if(custom1get===null&&customhash1===null){
addDoc(colRef,{

userid:ninja[0].userid,
username:ninja[0].username,
date:Date.now(),
customlink1:customlink1,
customhash1:customhash1

}).then(()=>{
setcustomLink1('')
setcustomhash1('')
}).then(()=>{router.reload()})

}else{

const updateRef = doc(firebaseApp,'mydata',customdocid1);
console.log(customdocid1+'customdocid1')

updateDoc(updateRef, {
customlink1:customlink1,
customhash1:customhash1
}).then(()=>{
setcustomLink1('')
setcustomhash1('')
})
.then(()=>{router.reload()})

}

}

Rendering先でも受け取り内容を表示できるようにする。

設定後実行すると

FirebaseError: Invalid document reference. Document references must have an even number of segments, but mydata has 1.

のエラーが発生。

onChange={(e)=>setcustomhash1(e.target.value)}

onChange={(e)=>setcustomLink1(e.target.value)}

これらを見直していくとif(custom1get===null&&hash1get===null){部分が誤っていることがわかったので修正。データベースでgetしたものではなく、フロントエンドで書き込んだもので判別してしまっていた。適用変数ミス。

ただここを修正しても所定の数値がないのにupdateルートに入ってしまっている。

if(custom1get==''&&hash1get==‘’){に変更することでaddルートに変えさせることができた。空の表現はnullではいけなかったよう。

また、editから弾かれて入れなくなったで確認すると

mail:ninja[0].mail

をドキュメント内に組み込めていなかった。

これを組み込むときちんと実行が確認できた。addもupdateも成功。

データベースからhashwordとlinkを取得できるようになったので組み合わせてハッシュリンクを生成できるようにする。

ここは先のSNSのクリック時と同じようにdocument.location.hrefで遷移させれば良さそう。

const handleClickImagetw = (e) => {
if(twitterlink){
document.location.href = twitterlink
console.log('twitterlink');
console.log(twitterlink);
}
}

<Typography variant="h5" >などで囲みonclickをつけるか。

<Typography variant="h5" onClick={}}>{hash1get}</Typography>

人気の記事

1

コロナによる需要変化 コロナパンデミックの影響で、人々は外に出られなくなり、自宅で過ごす時間が増えました。 この自粛ムードの中、下記のようなビジネスの需要変化が引き起こされています。 【利用者減少】 ...

2

米国レストランの決済時に毎日お世話になっていた「Square」のビジネスモデルについて本日はふれていきたいと思います。 「Square」とは、ネットにつながったモバイル端末と専用のカードリーダーを用意 ...

3

無料でネットショップを開けるアプリとして多くの人に驚きを与えたBASE株式会社が、2019年10月25日東証マザーズに上場しました。2020年2月時点で90万店を超えるショップを抱えるまでに成長してい ...

4

2011年にサービスを開始してから圧倒的な成長率を誇るインテリア通販サイト 【FLYMEe/フライミー】を皆さんご存じでしょうか。 「自分のイメージするインテリア、本当に欲しいインテリアがどこにあるの ...

5

ナイキのSNKRSが、なぜこれほどまでに人気なのか?調べてみました。 きっかけは米国での友達との会話。彼は自分のシューズをみせて、「これ20万円もしたんだぜ。」と語ってくれました。 あまり靴に興味がな ...

-Blockchain, code, Metaverse, VR
-, ,

Copyright© BUSINESS HACKER , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.