Blockchain code Metaverse VR

Crypto×VR×SmartContract(528)

スポンサーリンク

//tips

//smart contract

Mediumのapiからlinkの要素を取れるのでタイトル表示とリンク先のmediumに飛ぶような仕組みにしていく。

Material-UI を採用したサイトの場合は、a の代わりに @material-ui/core/Link コンポーネントを使用することで、サイト内のデザインを統一することができるよう。

import { Link as MuiLink } from '@material-ui/core’を導入したのちに下記のようにlinkを取得させmuilinkに渡してそちらに飛ばせるようにした。

{data.map((item,index) => (
<>
<Paper key={index}>
{item.title}
{item.author}
{item.title}

<div>
<MuiLink href={item.link} target="_blank" rel="noopener noreferrer">More</MuiLink>
</div>

</Paper>

</>

これによりmediumのカード自体がシンプルにまとまりmediumへの遷移も可能にした。やはりdetailは無理に組み込まなくて良さそう。デザインは後で整える。

Mediumid削除部分のイベント関数を確認する。

async function handleOnMediumdelete(e) {
e.preventDefault();

console.log('Mediumdelete')

var currentmid=null;
var currentdocmid=null;

ninja.forEach((element) =>
{
if(element.mediumid!=null){
currentmid=element.mediumid
currentdocmid=element.docid
}
})

if(currentmid===null){
console.log('aaa')

}else{
console.log('bbb')
console.log(currentmid)

const docRefd=doc(firebaseApp,"mydata",currentdocmid)
deleteDoc(docRefd,{
mediumid: deleteField()
}).then(()=>{router.reload()})

}
}

Popアップのyesの場合にこのイベント関数を設定。

<Button
type="submit"
varient="contained"
onClick={handleOnMediumdelete}
>
YES
</Button>

フィールドだけでなくドキュメンごと消えた。

deletedocではなくupdatedocだった。不覚。

updateDoc(docRefd,{
mediumid: deleteField()
}).then(()=>{router.reload()})

再度トライ。よし機能している。

ただ自動生成で0が最初に来た場合はninja[0].addressの記述は機能しないので対策を考える。

ninja.forEach(Item => {の中でaddressを設定する仕組みを取り入れておく。

if(Item.address !=null||Item.address !=undefined){
if(address==undefined||address==null){
setaddress(Item.address)
console.log('address'+address)
}
}

アドレスは空の場合もあるようなので

if(Item.address !=null||Item.address !=undefined){
if(address==undefined||address==null||address==''){
setaddress(Item.address)
}
}

に修正した。

YouTube apiを取得して表示できるようにさせる。

人気の記事

1

コロナによる需要変化 コロナパンデミックの影響で、人々は外に出られなくなり、自宅で過ごす時間が増えました。 この自粛ムードの中、下記のようなビジネスの需要変化が引き起こされています。 【利用者減少】 ...

2

米国レストランの決済時に毎日お世話になっていた「Square」のビジネスモデルについて本日はふれていきたいと思います。 「Square」とは、ネットにつながったモバイル端末と専用のカードリーダーを用意 ...

3

無料でネットショップを開けるアプリとして多くの人に驚きを与えたBASE株式会社が、2019年10月25日東証マザーズに上場しました。2020年2月時点で90万店を超えるショップを抱えるまでに成長してい ...

4

2011年にサービスを開始してから圧倒的な成長率を誇るインテリア通販サイト 【FLYMEe/フライミー】を皆さんご存じでしょうか。 「自分のイメージするインテリア、本当に欲しいインテリアがどこにあるの ...

5

ナイキのSNKRSが、なぜこれほどまでに人気なのか?調べてみました。 きっかけは米国での友達との会話。彼は自分のシューズをみせて、「これ20万円もしたんだぜ。」と語ってくれました。 あまり靴に興味がな ...

-Blockchain, code, Metaverse, VR
-, ,

Copyright© BUSINESS HACKER , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.