Blockchain code Metaverse VR

Crypto×VR×SmartContract(510)

スポンサーリンク

//tips

//smart contract

Firebaseと連携してimageのアップロードと表示を行うことができるようにする。

まずはNext.jsアプリからFirebase インスタンスにアクセスできるようにしていく。

firebaseにてMyAppプロジェクトを作成。

Next.js を使ったクライアントアプリから Firebase を使うことを想定しているので、ウェブアプリとして登録。

そうすると、下記の表示が現れるのでメモ。これが Next.js アプリ内で FirebaseApp インスタンスを生成するためのコード。

//次のコマンドを実行して最新の SDK をインストール可能
npm install firebase

//Firebase初期化コード
// Import the functions you need from the SDKs you need
import { initializeApp } from "firebase/app";
// TODO: Add SDKs for Firebase products that you want to use
// https://firebase.google.com/docs/web/setup#available-libraries

// Your web app's Firebase configuration
const firebaseConfig = {
apiKey:
authDomain:
projectId: "myapp-8e583",
storageBucket: "myapp-8e583.appspot.com",
messagingSenderId:
appId:
};

// Initialize Firebase
const app = initializeApp(firebaseConfig);

Next.js アプリから Firebase にアクセスできるようにするため、FirebaseApp インスタンスを初期化するモジュールを作成。

提供されている.tsをjs変換するために

npm install typescript --save-dev
npm install -g typescript

をインストール。

これで実行してもエラーが出たがきちんとtsc init.tsが置かれているフォルダまで移動してあげることで実行できた。

cd utils/firebase
tsc init.ts

ちなみにひとつ前のフォルダに戻るにはcd ../で可能。

ただ、同名のjsファイルが複製できたのはいいが中身は空である。

npm install @types/node --save-dev

TypeScript 用のビルド設定ファイルである tsconfig.json を作成

これで無事にtscコマンドが使用できるようになった。

また、tscを使わないでもCmd/Ctrl + Shift + Bコマンドを行い、tsc: build - tsconfig.jsonを選んでも同様の処理を行うことができる。

https://maku.blog/p/ak7u3h3/#packagejson-%E3%81%AE%E4%BD%9C%E6%88%90

また、コンパイル後に変更前のtsを削除したらエラーが出てしまうので、.tsはそのまま残しておく。

https://stackoverflow.com/questions/41211566/tsconfig-json-buildno-inputs-were-found-in-config-file

これをもとに[id].jsにfirebaseの接続結果を出してみる。

単純に下記のようにしてみたがエラー。

import { getApp, FirebaseApp } from 'firebase/app'
import '../../utils/firebase/init' // Initialize FirebaseApp

const app=()=>{
FirebaseApp = getApp()
}

<p>{ app.name }</p>
<p>{ app.options.appId }</p>
<p>{ app.options.apiKey }</p>

流れは掴めたのでStorageを使っているものを参考にして修正していく。

https://dev.to/itnext/how-to-do-image-upload-with-firebase-in-react-cpj

Storageのruleは下記のように変更しておく。

rules_version = '2';
service firebase.storage {
match /b/{bucket}/o {
match /{allPaths=**} {
allow read, write: if true;
}
}
}

componentフォルダに先のinit.jsの内容を保存。

[id].jsに反映したかったがうまくいかず、もっとシンプルなものから試すべきだったよう。

const storage= firebase.storage()ができず、エラー地獄。バージョンアップでかなりの変化があったからか。

最新のものに対応してそうな記述でトライ。シンプルなものからスタート。

https://www.azukipan.com/posts/firebase-storage-get-preview/

まずはstorage内に画像をアップデートしておき、それをアプリ側で表示できるようにする。

import firebase from 'firebase/app'
import 'firebase/storage'
import { getStorage } from "firebase/storage"

// Import the functions you need from the SDKs you need
import { initializeApp } from "firebase/app";
// TODO: Add SDKs for Firebase products that you want to use
// https://firebase.google.com/docs/web/setup#available-libraries

// Your web app's Firebase configuration
const firebaseConfig = {

};

// Initialize Firebase
const firebase = initializeApp(firebaseConfig);

const firestorage = getStorage(firebase)

export {
firestorage, firebase as default
}

import { getStorage } from "firebase/storage”を使用して取得。また、ここでappでのexportではなくfirebaseでのexportにしている。

どの画像を参照するかを指定するために、refを使う。firebase/storageからrefをインポート。

gsReference を作成し、第一引数に先程の storage、第二引数に Firebase の Storage に保存した画像の場所を指定。

これは場所を指定しただけなので、これをurlで取得していく。

画像のURLを取得するには、getDownloadURLを使用。

https://firebase.google.com/docs/storage/web/download-files

エラー箇所をドキュメントを見ながら解決していく。下記で無事表示させることができた。

import React, {useState} from 'react'
//import firebase from "../components/firebase"
import firebaseApp from "../components/firebase"

//import { ref } from "firebase/storage"
import { getStorage, ref,getDownloadURL } from "firebase/storage";

function apptest() {

const firestorage = getStorage(firebaseApp);

const [image,setImage]=useState('')

const gsReference = ref(
firestorage,
"gs://myapp-8e583.appspot.com/image.jpg"
)

getDownloadURL(gsReference)
.then(url => {
setImage(url)
})
.catch(err => console.log(err))

return (
<div>
<img src={image} alt="" />
</div>

);
}

export default apptest;

ここまでだと表示させただけなのでアップロードもさせてみる。

画像を送信するために、uploadBytesを使用。
uploadBytes の第一引数にimageRef、第二引数にimageを指定。保存したいファイル名は、image の name を指定。

こちらのエラーが発生。

FirebaseError: Firebase Storage: The operation 'uploadBytes' cannot be performed on a root reference, create a non-root reference using child, such as .child('file.png'). (storage/invalid-root-operation)

これは先のfirebase側からの反映の部分でバッティングしていたためのよう。

import React, {useState} from 'react'
//import firebase from "../components/firebase"
import firebaseApp from "../components/firebase"

//import { ref } from "firebase/storage"
import { getStorage, ref,getDownloadURL,uploadBytes } from "firebase/storage";

function apptest() {

const firestorage = getStorage(firebaseApp);

const [image,setImage]=useState('')
console.log(image)

//image表示
// const gsReference = ref(
// firestorage,
// "gs://myapp-8e583.appspot.com/image.jpg"
// )

// getDownloadURL(gsReference)
// .then(url => {
// setImage(url)
// })
// .catch(err => console.log(err))

const handleChange = e => {
setImage(e.target.files[0])
console.log(image)
}

const handleSubmit = e => {
e.preventDefault()

console.log(image)

try {
const storage = getStorage();
const imageRef = ref(storage, image.name)//firestorage
//const imageRef = storage.ref(image.name)//firestorage

uploadBytes(imageRef, image).then(() => {
console.log("Uploaded a file!")
})
} catch (err) {
console.log(err)
}
}

return (

<div>
<form onSubmit={handleSubmit}>
<input type="file" onChange={handleChange} />
<button className="button">送信</button>
</form>

<img src={image} alt="" />
</div>

);
}

export default apptest;

きちんと解決できた。

最初のデータは初期の読み込みにし、後からの変更を受け付けられるように設定する。下記のようにuseeffextで初回読み込みと後の変更を分けようとしたが、render部分でエラーが発生。変数を突如切り替えるのはダメなよう。

useEffect(() => {

const gsReference = ref(
firestorage,
"gs://myapp-8e583.appspot.com/image.jpg"
)

getDownloadURL(gsReference)
.then(url => {
setImage(url)
})
.catch(err => console.log(err))

}, [])

{image && (
<div>
<p>{image}</p>
</div>
)}

別の設定ページに飛ばすなどした方が無難か。

ひとまず[id].jsのページでimageを表示させることに成功した。

ユーザーごとにgs://myapp-8e583.appspot.comを振り分けるのは容量が大きくなりすぎるだろうか。

gs://myapp-8e583.appspot.comのアイテムの名前でimageを管理するか。

データをユーザごとに保存する方法を確認する。

ユーザーデータベース構成の仕組みと登録追加方法を確認し、ルートディレクトリであるgs://myapp-8e583.appspot.comの中にユーザーごとのid名のフォルダを生成し、その中にアップさせる方法を確認。

https://jpcodeqa.com/q/e1c8d47615aa6dfcb20db9d97727267c

https://coconala.com/blogs/1638666/36569

一旦考えられる動的なフォルダ作成方法で実験。

let path = "gs://[プロジェクト名].appspot.com/test/test.png"
let imageRef = reference.child(path)

これを参考に下記のようにしたらtestフォルダの中に選択したimageを格納することができた。

const path="test/"+image.name
//const imageRef = ref(storage, image.name)//firestorage
const imageRef = ref(storage, path)

このフォルダ箇所をユーザーのidになるようにすれば問題なさそう。editする際には[id]を通るのでこのユーザーidは取得できるようになっているので問題ない。

ここからはjson serverに入れていた内容をfirestorageに移して反映させていく。

人気の記事

1

コロナによる需要変化 コロナパンデミックの影響で、人々は外に出られなくなり、自宅で過ごす時間が増えました。 この自粛ムードの中、下記のようなビジネスの需要変化が引き起こされています。 【利用者減少】 ...

2

米国レストランの決済時に毎日お世話になっていた「Square」のビジネスモデルについて本日はふれていきたいと思います。 「Square」とは、ネットにつながったモバイル端末と専用のカードリーダーを用意 ...

3

無料でネットショップを開けるアプリとして多くの人に驚きを与えたBASE株式会社が、2019年10月25日東証マザーズに上場しました。2020年2月時点で90万店を超えるショップを抱えるまでに成長してい ...

4

2011年にサービスを開始してから圧倒的な成長率を誇るインテリア通販サイト 【FLYMEe/フライミー】を皆さんご存じでしょうか。 「自分のイメージするインテリア、本当に欲しいインテリアがどこにあるの ...

5

ナイキのSNKRSが、なぜこれほどまでに人気なのか?調べてみました。 きっかけは米国での友達との会話。彼は自分のシューズをみせて、「これ20万円もしたんだぜ。」と語ってくれました。 あまり靴に興味がな ...

-Blockchain, code, Metaverse, VR
-, ,

Copyright© BUSINESS HACKER , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.