Blockchain code Metaverse VR

Crypto×VR×SmartContract(445)

スポンサーリンク

//tips

//smart contract

Codementorの方からレスポンスがない・・・。時差の問題と人気の方の時間的都合かもしれない。うまく時間が取れるかどうかわからない。

Codementorの方は少し気長に待ってみて一人だけトライしてみようかと思う。

同時に日本のcodecampでオーダーメイドのセッションとしてサポートしてもらえないか確認。明日打ち合わせ。

Index.jsスクリプトの続き。tweet streamのrule設計の部分。

const needle=require('needle');
const config=require('dotenv').config();

const TOKEN=process.env.TWITTER_BEARER_TOKEN;

const rulesURL='https://api.twitter.com/2/tweets/search/stream/rules';///2/tweets/search/stream/rules
const streamURL='https://api.twitter.com/2/tweets/search/stream?tweet.field=public_metrics&expansions=author_id';//docから確認

const rules=[{value:'giveaway'}];

//get stream rules

async function getRules(){
const response=await needle('get',rulesURL,{
headers:{
Authorization:`Bearer ${TOKEN}`
}
});
//console.log(response.body);
return response.body;
}
/*
(async()=>{
let currentRules;

try{
currentRules= await getRules();
}catch(error){
console.error(error);
process.exit(1);
}

})();
*/

//Set stream rules

async function setRules(){

const data={
add:rules
}

const response=await needle('post',rulesURL,data,{
headers:{
'content-type':'application/json',
Authorization:`Bearer ${TOKEN}`
}
});

return response.body;
}

//Delete stream rules

async function deleteRules(rules){
if(!Array.isArray(rules.data)){
return null;
}

const ids=rules.data.map((rule)=>rule.id);

const data={
delete:{
ids:ids
}
}

const response=await needle('post',rulesURL,data,{
headers:{
'content-type':'application/json',
Authorization:`Bearer ${TOKEN}`
}
});

return response.body;
}

function streamTweets(){
const stream=needle.get(streamURL,{
headers:{
Authorization:`Bearer ${TOKEN}`
}
})
stream.on('data',(data)=>{
try{
const json=JSON.parse(data);
console.log(json);

}catch(error){

}

})

}

;(async()=>{
let currentRules;

try{
//get all stream rule
currentRules= await getRules();
//delete
await deleteRules(currentRules);
//set
await setRules();

}catch(error){
console.error(error);
process.exit(1);
}

})();

やっていく中でそもそもneedleってなんやねんとなってきたので調べてみると、シンプルに使えるnode.js製httpクライアントライブラリとのこと。

https://co.bsnws.net/article/155

「Oauth認証が必要なことは無いので、シンプルに外部からデータを取得したい or データを送信したい」なんて人にオススメのnode.js用httpクライアントライブラリらしい。

調べていくとAxios,node-fetchにつぐ、Node.jsのrequestモジュールがわりに使われる候補だったよう。2020年にrequestモジュールが非推奨になり注目度が増しているよう。

確かにaxiosやnode-fetchは見覚えがある。

https://qiita.com/hide2018/items/0507e488d91e28592ca4

https://openbase.com/categories/js/best-nodejs-http-request-libraries

Using Needle to send HTTP requests in Node.js

https://www.npmjs.com/package/needle

さらにnode.jsで使われるexpressについても一緒に確認。

ExpressはそのNode.jsでの開発をスピードアップするためのフレームワークで、システム開発時によく使う機能や設計などを予め用意してあるので開発が捗る。

確かに毎度お世話になっている。

https://qiita.com/nkjm/items/723990c518acfee6e473

人気の記事

1

コロナによる需要変化 コロナパンデミックの影響で、人々は外に出られなくなり、自宅で過ごす時間が増えました。 この自粛ムードの中、下記のようなビジネスの需要変化が引き起こされています。 【利用者減少】 ...

2

米国レストランの決済時に毎日お世話になっていた「Square」のビジネスモデルについて本日はふれていきたいと思います。 「Square」とは、ネットにつながったモバイル端末と専用のカードリーダーを用意 ...

3

無料でネットショップを開けるアプリとして多くの人に驚きを与えたBASE株式会社が、2019年10月25日東証マザーズに上場しました。2020年2月時点で90万店を超えるショップを抱えるまでに成長してい ...

4

2011年にサービスを開始してから圧倒的な成長率を誇るインテリア通販サイト 【FLYMEe/フライミー】を皆さんご存じでしょうか。 「自分のイメージするインテリア、本当に欲しいインテリアがどこにあるの ...

5

ナイキのSNKRSが、なぜこれほどまでに人気なのか?調べてみました。 きっかけは米国での友達との会話。彼は自分のシューズをみせて、「これ20万円もしたんだぜ。」と語ってくれました。 あまり靴に興味がな ...

-Blockchain, code, Metaverse, VR
-, ,

Copyright© BUSINESS HUNTER , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.