Blockchain code Metaverse VR

Crypto×VR×SmartContract(428)

スポンサーリンク

//tips

早くwiseのような海外口座との連携自由自在なwalletアカウント日本版が欲しい。

本日三時間銀行訪問にかけてアカウントロック解除が1月後半と宣告された。印鑑押すための別日再度訪問を死ぬ気で拒否し、なんとか一回に収めた。

もう、なんでやねん感が半端ない。

//smart contract

crypto1000社分析の続き。

Minerに対してのtaxがあるような記述を見たので抜粋。

Bitwave supplies back-office software solutions to enterprises that accept cryptocurrencies and helps them with bookkeeping and other accounting practices.

Despite not being a direct part of crypto transactions, White said Bitwave could have reporting requirements, but would not have access to the necessary data to comply.

“There are already clear regulations in place when it comes to taxes,” he said. “We all know you pay capital gains tax when you sell crypto. When you mine it, you pay income taxes. The rules are there.”

Instead, White said, the government is trying to inconsistently apply new rules.

“This will punish compliance-conscientious miners from the United States, and have a chilling effect on innovation,” he said.

うまくエスクローの流れを使っている部分があったので、この流れは理解しておく。

To use the platform, merchants and their consumers must join up for XREX’s wallet, which includes a commercial escrow service called Bitcheck. It’s akin to getting a standby letter of credit from a commercial bank, according to Huang, because buyers may use it to ensure they’ll be able to pay. Bitcheck makes use of stablecoins like USDT and USDC, which are digital currencies pegged to the US dollar.

Merchants pay stablecoin to suppliers, and XREX holds the funds in escrow until the supplier presents evidence of shipment, after which it releases the cash. Users can convert USDT and USDC to US dollars through XREX’s crypto-fiat exchange, which they can also withdraw and deposit.

あと新種のゼロ知識証明についての原理を確認。

問答をn回繰り返すとき、verifierの質問にproverがすべて答えきれる確率は0となる、という原則のもと働くもの。ゼロ知識証明は、実用的な回数の繰り返しの結果により正当性を評価する。

なので特殊な場合を除いては質問の仕方が非常に大事な部分になってくるので、こちらの質問手法が数学的に実装されることになるか。

この質問の仕方で、類似形態を類推・複製し、その複製版の答えと複製版秘密鍵から元の正しさを知る根拠とする。あと解答とはsecretのどこまで含んだ解答なのか分からず。すでに回答している時点でsecretの一端は割れているわけで。

ゼロ知識証明は可能だけど強度が問題になるのでは無いかと思った。また、実用的な回数の繰り返しの設定をミスるとガバガバになりそう。

大丈夫そうな予感がしたら数式も確認するかもしれない。まだ、調べてみても、なんだかなあという感じ。暗号化する普通の公開鍵暗号とかと、どこまで違くなるのか分からない。今利用されている公開鍵などのゼロ知識証明は暗号化したものを比較しようぜというもの。DYOR

SNS系NFTプラットフォームを見つけた。

https://hyy.pe/

同じシリーズ保有者のコメントなど見れるよう。なるほどこんな感じになるのか。

人気の記事

1

コロナによる需要変化 コロナパンデミックの影響で、人々は外に出られなくなり、自宅で過ごす時間が増えました。 この自粛ムードの中、下記のようなビジネスの需要変化が引き起こされています。 【利用者減少】 ...

2

米国レストランの決済時に毎日お世話になっていた「Square」のビジネスモデルについて本日はふれていきたいと思います。 「Square」とは、ネットにつながったモバイル端末と専用のカードリーダーを用意 ...

3

無料でネットショップを開けるアプリとして多くの人に驚きを与えたBASE株式会社が、2019年10月25日東証マザーズに上場しました。2020年2月時点で90万店を超えるショップを抱えるまでに成長してい ...

4

2011年にサービスを開始してから圧倒的な成長率を誇るインテリア通販サイト 【FLYMEe/フライミー】を皆さんご存じでしょうか。 「自分のイメージするインテリア、本当に欲しいインテリアがどこにあるの ...

5

ナイキのSNKRSが、なぜこれほどまでに人気なのか?調べてみました。 きっかけは米国での友達との会話。彼は自分のシューズをみせて、「これ20万円もしたんだぜ。」と語ってくれました。 あまり靴に興味がな ...

-Blockchain, code, Metaverse, VR
-, ,

Copyright© BUSINESS HUNTER , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.