Blockchain code Metaverse VR

Crypto×VR×SmartContract(408)

スポンサーリンク

//tips

//smart contract

ここでは所有の部分の確認とpauseやコントラクト機能の停止ができるselfdestructの動作確認を行っている。

pragma solidity ^0.5.13;

contract StartStopUpdateExample {

//コントラクトのdeployerをmanagerとするため
address owner;

bool public paused;

//deploy時に一回呼ばれる
constructor()public{
owner=msg.sender;
}

function sendMoney()public payable{

}

function withdrawAllMoney(address payable _to)public {
//if,else文の代わりがrequire
require(msg.sender==owner,"You are not the owner");
require(!paused,"Contract is paused");
//第三者にコントラクトの財布の中身を提供
_to.transfer(address(this).balance);
/*
if(msg.sender==owner){

}else{

}
*/
}

//さらにmanagerにも制限を加える
//pause設定されている時にはownerでも送金できなくする
function setPaused(bool _paused)public {
require(msg.sender==owner,"You are not the owner");
paused=_paused;
}

//コントラクトの廃棄
//Solidityのselfdestruct は二つの働きを持つ。
//効果的にそのアドレスのバイトコードを削除することで、コントラクトを使えないようにする。
//コントラクトの全資産をターゲットアドレスに送る。
function destoroySmartContract(address payable _to)public{
require(msg.sender==owner,"You are not the owner");
selfdestruct(_to);
}
}

Mappingの仕様についても確認していく。

まずは単純な登録からで、これはアドレスのステータス管理にかなり使えそう。コントラクト内のアクションを実行したmsg.senderに対してのステータスをつけることができる。先のクラファンページでは寄付の実行や承認の実行などで使えていたかと思う。

pragma solidity ^0.5.13;

contract SimpleMappingExample{
mapping(uint=>bool)public myMapping;
mapping(address=>bool)public myAddressMapping;

//マップのindexにtrueを組み込む
function setValue(uint _index)public{
myMapping[_index]=true;
}
//アドレスのステータス管理に使える
function setMyAddressToTrue()public{
myAddressMapping[msg.sender]=true;
}
}

 

人気の記事

1

コロナによる需要変化 コロナパンデミックの影響で、人々は外に出られなくなり、自宅で過ごす時間が増えました。 この自粛ムードの中、下記のようなビジネスの需要変化が引き起こされています。 【利用者減少】 ...

2

米国レストランの決済時に毎日お世話になっていた「Square」のビジネスモデルについて本日はふれていきたいと思います。 「Square」とは、ネットにつながったモバイル端末と専用のカードリーダーを用意 ...

3

無料でネットショップを開けるアプリとして多くの人に驚きを与えたBASE株式会社が、2019年10月25日東証マザーズに上場しました。2020年2月時点で90万店を超えるショップを抱えるまでに成長してい ...

4

2011年にサービスを開始してから圧倒的な成長率を誇るインテリア通販サイト 【FLYMEe/フライミー】を皆さんご存じでしょうか。 「自分のイメージするインテリア、本当に欲しいインテリアがどこにあるの ...

5

ナイキのSNKRSが、なぜこれほどまでに人気なのか?調べてみました。 きっかけは米国での友達との会話。彼は自分のシューズをみせて、「これ20万円もしたんだぜ。」と語ってくれました。 あまり靴に興味がな ...

-Blockchain, code, Metaverse, VR
-, ,

Copyright© BUSINESS HACKER , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.