Blockchain code Metaverse VR

Crypto×VR×SmartContract(400)

スポンサーリンク

//tips

//smart contract

ヘッダー部分の改変まで完了できたので、create campaignボタンを作成していく。

まずはindex.jsファイルにいき、routesの仕組みを取り込むところから始めていく。

import {Link} from '../routes';

<Link route="/campaigns/new">
<a>
<Button floated="right"
content="Create Campaign"
icon="add"
primary
/>
</a>
</Link>

<a>は右クリック機能を与え、<Link>はナビゲーション機能をになっている。

さらに、下記のようにすることでリンク先URLを設定することができるようになった。

renderCampaigns(){
const items = this.props.campaigns.map(address=>{
return {//カード機能への紐付け
//campaignsごとに異なるリンクに飛ばす
header:address,
description:(
<Link route={`/campaigns/${address}`}>

ただ、こちらではページはまだないので遷移ができない。

ここで新しい仕組みが必要。pagesフォルダのcampaignsの中にshow.jsを作成した後にroutes.jsを修正する。

import React,{Component} from 'react';

class CampaignShow extends Component{
render(){
return <h3>CampaignShow</h3>;
}
}

export default CampaignShow;

これをroutesの方に設定していく。

const { route } = require('next/dist/server/router');

const routes=require('next-routes')();
//オフィシャルドキュメント通り()をつける
//require()で関数を返すので

routes
.add('/campaigns/new','/campaigns/new')
.add('/campaigns/:address','/campaigns/show');
//第一引数のURLルートの場合第二引数のページを表示する仕組み
//:をつけることで何にでも対応できるようになる
//実際の入力はindex.jsで対応
//第二引数は表示したいページ内容

module.exports=routes;

また、show.jsの方も若干追加。

import React,{Component} from 'react';
import Layout from '../../components/Layout';

class CampaignShow extends Component{
render(){
return(
<Layout>
<h3>CampaignShow</h3>
</Layout>
);
}
}

export default CampaignShow;

ブラウザへの表示内容により具体的なコントラクトの内容を記載したいのでそれらの情報を引き出せるように設計する。

Campaign.solの内容を下記に追加。

function getSummary() public view returns (
uint,uint,uint,uint,address
){
return(
minimumContribution,
this.balance,
requests.length,
approversCount,
manager
);
}

function getRequestsCount() public view returns(uint){
return requests.length;
}

このため再度デプロイし直さないといけない。

Kickstartからethereumへ行き、node compile.jsを行う形となる。

人気の記事

1

コロナによる需要変化 コロナパンデミックの影響で、人々は外に出られなくなり、自宅で過ごす時間が増えました。 この自粛ムードの中、下記のようなビジネスの需要変化が引き起こされています。 【利用者減少】 ...

2

米国レストランの決済時に毎日お世話になっていた「Square」のビジネスモデルについて本日はふれていきたいと思います。 「Square」とは、ネットにつながったモバイル端末と専用のカードリーダーを用意 ...

3

無料でネットショップを開けるアプリとして多くの人に驚きを与えたBASE株式会社が、2019年10月25日東証マザーズに上場しました。2020年2月時点で90万店を超えるショップを抱えるまでに成長してい ...

4

2011年にサービスを開始してから圧倒的な成長率を誇るインテリア通販サイト 【FLYMEe/フライミー】を皆さんご存じでしょうか。 「自分のイメージするインテリア、本当に欲しいインテリアがどこにあるの ...

5

ナイキのSNKRSが、なぜこれほどまでに人気なのか?調べてみました。 きっかけは米国での友達との会話。彼は自分のシューズをみせて、「これ20万円もしたんだぜ。」と語ってくれました。 あまり靴に興味がな ...

-Blockchain, code, Metaverse, VR
-, ,

Copyright© BUSINESS HUNTER , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.