日常 米国不動産

電波の種類ではないFM、AM、PM、BM、CMといえば何を指す?

スポンサーリンク

ラジオ電波の種類かと考えてしまったのだが、れっきとしたただのわかりにくい業界用語であったので、気になる方のためにまとめた。

まず、ざっくりとしたすみ分けは下記。

計画:FM(ファシリティマネジメント)、AM(アセットマネジメント)

実務:PM(プロパティマネジメント)、BM(ビルマネジメント)、CM(コンストラクトマネジメント)

これをもう少し詳しく文章化すると、

資産規模が大きいオーナーは、資産の保全管理をAM(アセットマネジメント)、または、資産の収益化をFM(ファシリティマネジメント)に依頼し、依頼を受けた彼らが、大家業の代行業務はPM(プロパティマネジメント)に、ビルのメンテナンスはBM(ビルマネジメント)、建築の遂行に関してはCM(コンストラクトマネジメント)などというふうに割り振っていく流れになっている。ちなみに、資産規模が小さいオーナーは直接PMとやり取りする。

さて、それぞれの名称の詳細を下記に紹介する。

・FM(ファシリティマネジメント)
不動産を全体的な視点で見て経営戦略を検討し、不動産活用の提案や資産の管理、そしてコスト削減などを含めた不動産経営の適正化を行うマネジメント業務。

例えば、企業が抱える、空室が増えて、管理コストや税金がばかりかかる、ぼろいビルに対して、取り壊しや売却、リフォームなど提案する。

保有資産を活用した高い収益性とコストの排除がメインの業務。

・AM(アセットマネジメント)
対象の不動産に関する資産価値の形成や不動産の運営指示、建物の保全業務などを代行する業務。不動産以外に株や債券などの保有資産があれば、それをオーナーの代わりに管理する。

AMとFMの違いは、FMが収益増加に重点を置き、AMは資産保全の監督に重点を置く。

・PM(プロパティマネジメント)
所有不動産の管理を行う業務。大家業の代行である。契約事務に始まり、家賃の請求、借主からの問い合わせや苦情に対応するなど様々な業務がある。不動産運営のベースになるのがPM業務。

・BM(ビルマネジメント)
建物自体の管理を行う業務。ビルやマンションの設備管理や清掃業務、保守点検から植栽の剪定など。大規模修繕の計画や施工まで含まれる。

・CM(コンストラクトマネジメント)
これから建築する建物の設計や工事の発注、そして施行から建築コストの管理を行う。

一般的には建築会社と利害関係のない第三者となる会社がCM業務を行う。これにより、工事発注や建築コスト、工事の品質などの透明性を向上させるのに役立つ。

設計から竣工までの全てに関わる業者を分離して選定することで、無駄に高いマージンなどの排除と適正な建築工程を設定することが可能。

人気の記事

1

コロナによる需要変化 コロナパンデミックの影響で、人々は外に出られなくなり、自宅で過ごす時間が増えました。 この自粛ムードの中、下記のようなビジネスの需要変化が引き起こされています。 【利用者減少】 ...

2

米国レストランの決済時に毎日お世話になっていた「Square」のビジネスモデルについて本日はふれていきたいと思います。 「Square」とは、ネットにつながったモバイル端末と専用のカードリーダーを用意 ...

3

無料でネットショップを開けるアプリとして多くの人に驚きを与えたBASE株式会社が、2019年10月25日東証マザーズに上場しました。2020年2月時点で90万店を超えるショップを抱えるまでに成長してい ...

4

2011年にサービスを開始してから圧倒的な成長率を誇るインテリア通販サイト 【FLYMEe/フライミー】を皆さんご存じでしょうか。 「自分のイメージするインテリア、本当に欲しいインテリアがどこにあるの ...

5

ナイキのSNKRSが、なぜこれほどまでに人気なのか?調べてみました。 きっかけは米国での友達との会話。彼は自分のシューズをみせて、「これ20万円もしたんだぜ。」と語ってくれました。 あまり靴に興味がな ...

-日常, 米国不動産

Copyright© BUSINESS HACKER , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.