ビジネスモデル事例集

陸海空制圧:Amazonが止まらない⁈

スポンサーリンク

いつの間にかAmazonが貨物航空機を使っていました。皆さん、ご存じでしたか?

私はいまさらながら気になって調べてみました。というのも、貨物航空機はコスト的に割が合わないのではないかと思ったからです。

結論としては、Amazonは貨物航空機コスト以上に顧客獲得・維持コストに気を使っているということが分かりました。

ちなみに、Amazonは貨物航空機のスペースをレンタルして使っていたのではなく、契約により、貨物航空機そのものを運用していることがわかってきました。大胆ですね。

配送時間短縮のため、自社専用の貨物航空機「Amazon One」をローンチしてました。配送時間こそが顧客を喜ばせる重要なファクターであることを認識されているのですね。

さらに、配送時間短縮にかかるインフラ投資は資本力の大きさがものをいうので、さらなる参入障壁をつくり、 Amazon の独走態勢をさらにサポートすることになるでしょう。

この流れで考えると、陸海空も制圧しているのではないかと考えて、海の運送も調べてみました。

すると、案の定「Beijing Century Joyo Courier Service」(中国子会社)を、非船舶運航業者として中国運輸省に登録し、海上輸送事業にも見事に進出していました。

物流による世界制圧の準備は盤石のようですね。

コスト面での心配がありましたが、小売領域での超人的なサービスを可能にする大規模インフラは世界規模でのシェア押し上げに貢献し、細部の海外運送費用のコストは現段階ではそこまで痛手になっていないようです。

もう立ち上げ当初の投資に疲弊していたAmazonの姿はありませんね。

人気の記事

1

コロナによる需要変化 コロナパンデミックの影響で、人々は外に出られなくなり、自宅で過ごす時間が増えました。 この自粛ムードの中、下記のようなビジネスの需要変化が引き起こされています。 【利用者減少】 ...

2

米国レストランの決済時に毎日お世話になっていた「Square」のビジネスモデルについて本日はふれていきたいと思います。 「Square」とは、ネットにつながったモバイル端末と専用のカードリーダーを用意 ...

3

無料でネットショップを開けるアプリとして多くの人に驚きを与えたBASE株式会社が、2019年10月25日東証マザーズに上場しました。2020年2月時点で90万店を超えるショップを抱えるまでに成長してい ...

4

2011年にサービスを開始してから圧倒的な成長率を誇るインテリア通販サイト 【FLYMEe/フライミー】を皆さんご存じでしょうか。 「自分のイメージするインテリア、本当に欲しいインテリアがどこにあるの ...

5

ナイキのSNKRSが、なぜこれほどまでに人気なのか?調べてみました。 きっかけは米国での友達との会話。彼は自分のシューズをみせて、「これ20万円もしたんだぜ。」と語ってくれました。 あまり靴に興味がな ...

-ビジネスモデル事例集

Copyright© BUSINESS HACKER , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.