ビジネスモデル事例集

大モビリティ時代に期待

スポンサーリンク

近頃「モビリティ」という単語について騒がれています。これはなんのことを指しているのでしょうか?

調べてみたところ、「移動インフラ」を指すことが分かりました。自動車、鉄道、飛行機など全般ですね。

特にモビリティの代表である車にも、EVの登場などの変革の波が訪れています。その変革要素を表したのが 「CASE」 です。

「CASE」とは、Connected(つながる)、Autonomous(自動運転)、Shared(シェアリング・サービス)、Electric(電動化)という現在変革が起きている要素を指しています。

さらに、 「CASE」 の変革が実現されることにより、 移動するということをサービスとして捉えましょうという 「MaaS」という概念が唱えられています。 「MaaS」 は「Mobility as a Service」(サービスとしてのモビリティ)の略語です。

私は、自動車を運転することに興味がない人間なので、大抵はウーバーやリフトを使い、移動時間はスマホで調べもの、気持ち悪くなったら、人通りを観察しています。

完全自動運転がスタンダードになれば、運転の際に、耳だけではなく、目と耳で考え事をできるようになるので、非常に時間を有効活用できるように感じます。

また、将来は、不足しがちな睡眠時間を自動車による移動時間に補充できるようになるかもしれません。

ちなみに、私がいつもお世話になっているウーバーは、18キロメートル程度の走行であれば1500円、すいているときは800円程度の料金しかかりません。

自動車の運転回数、ガソリン代、維持管理代、駐車代なども含めると、通勤でさえもウーバーのほうが割安だったりしますし、友人はそうでなくても毎日ウーバーで通勤していました。

また、ドライバーとコミュニケーションできるので、英語の発音の練習をしたり、携帯電話の充電をさせてもらったり、地元のおすすめのお店を教えてもらうこともできます。

これらも移動プラスアルファのサービスとしてカウントできるでしょう。

聞くところによると、運転手は一日8時間労働で100ドル程度なら安定的に稼ぐことができるようなのでなかなかの収入です。

メキシコ人や韓国人などウーバー収入一本で暮らしている方も結構いるようです。

時々使う電動スクーターは、近距離を乗り捨てで移動できるので、利便性がよく、街中で使用している人はかなり見かけます。

ただ、価格は高く、ウーバー利用のほうが基本安いです。

乗り捨てのため、スクーターが壊されてしまうことも多く、その値段も転嫁されていることを考えると、さらなる値下げにはもう一山超えないといけないように思われます。

今後楽しみな領域ですね。

人気の記事

1

コロナによる需要変化 コロナパンデミックの影響で、人々は外に出られなくなり、自宅で過ごす時間が増えました。 この自粛ムードの中、下記のようなビジネスの需要変化が引き起こされています。 【利用者減少】 ...

2

米国レストランの決済時に毎日お世話になっていた「Square」のビジネスモデルについて本日はふれていきたいと思います。 「Square」とは、ネットにつながったモバイル端末と専用のカードリーダーを用意 ...

3

無料でネットショップを開けるアプリとして多くの人に驚きを与えたBASE株式会社が、2019年10月25日東証マザーズに上場しました。2020年2月時点で90万店を超えるショップを抱えるまでに成長してい ...

4

2011年にサービスを開始してから圧倒的な成長率を誇るインテリア通販サイト 【FLYMEe/フライミー】を皆さんご存じでしょうか。 「自分のイメージするインテリア、本当に欲しいインテリアがどこにあるの ...

5

ナイキのSNKRSが、なぜこれほどまでに人気なのか?調べてみました。 きっかけは米国での友達との会話。彼は自分のシューズをみせて、「これ20万円もしたんだぜ。」と語ってくれました。 あまり靴に興味がな ...

-ビジネスモデル事例集

Copyright© BUSINESS HACKER , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.