相場 米国不動産

不動産収益率の指標となるキャップレートを本気で計算してみた。結論:土地・建物の収益費用から計算されたものは有能

スポンサーリンク

米国不動産の収益率の判断方法としてよくキャップレートが用いられるが、これは購入最終判断として適切な指標なのか本気で計算してみる。

式で表すと下記。
キャップレート=
純収益(Net Operating Income) ÷ 現在の物件評価額
キャップレートは、1年間の純収益を物件評価額で割って算出。

上記を収入・支出の二つのパートに分けさらに詳しく解説する。
米国20ユニットのアパート(価格7,000,000)の例を取るが、これでさらに理解がクリアになると思う。

比率・成長率は下記で想定。Income Growth 収入増加率:3%
Vacancy & credit loss 空き家率:5%
Expense growth 支出増加率:3%
Proprety tax growth 不動産税増加率:2%

・Income パート
=年間家賃収入(GI=Gross Income) + Potencial reimbursable(不動産にかかる税金・共有スペースの費用負担回収) + 共用施設収益A(居住者数に比例:ランドリーなど) - 空き家リスク(Vacancy factor)+共用施設収益B(居住者数に比例しない。広告板など)

Gross Income
553,910
そのうちベースの家賃収入
540,000

こっちは考える項目が少なくシンプル。

・Expensesパート(ベース家賃収入に対しての比率も記載)
少し項目が多いので箇条書きで記す。

・一般管理費用4%
・常駐管理費用 2.5%
・水回り1.4%
・電気0.6%
・ガス0.8%
・電話関係0.2%
・インターネット関係0.1%
・廃物処理0.4%
・清掃員0.6%
・景色代landscaping 0.5%
・ペストコントロール 0.1%
・火事消防Fire& Life safety 0.2%
・修繕保持費用 2%
・保険1.2%
・不動産税(購入価格に対して1.25%なので)16.2%
・リース依託費1.3%

ざっくりベースとなる家賃収入に対して32.1%の出費感。

Gross Income
553,910

Total Expenses
167,484

Net operating income
=386,425

Cap rate
=386,425/7,000,000=5.52%

土地と建物からガッツリ計算していたら今後の収益計算にも役立つ。

ただ、公表されているキャップレートは類似の不動産の取引事例などとの比較で出されるものが大半だということなのでイマイチ。どうやって出されたキャップレートかを確認するのが大切。

人気の記事

1

コロナによる需要変化 コロナパンデミックの影響で、人々は外に出られなくなり、自宅で過ごす時間が増えました。 この自粛ムードの中、下記のようなビジネスの需要変化が引き起こされています。 【利用者減少】 ...

2

米国レストランの決済時に毎日お世話になっていた「Square」のビジネスモデルについて本日はふれていきたいと思います。 「Square」とは、ネットにつながったモバイル端末と専用のカードリーダーを用意 ...

3

無料でネットショップを開けるアプリとして多くの人に驚きを与えたBASE株式会社が、2019年10月25日東証マザーズに上場しました。2020年2月時点で90万店を超えるショップを抱えるまでに成長してい ...

4

2011年にサービスを開始してから圧倒的な成長率を誇るインテリア通販サイト 【FLYMEe/フライミー】を皆さんご存じでしょうか。 「自分のイメージするインテリア、本当に欲しいインテリアがどこにあるの ...

5

ナイキのSNKRSが、なぜこれほどまでに人気なのか?調べてみました。 きっかけは米国での友達との会話。彼は自分のシューズをみせて、「これ20万円もしたんだぜ。」と語ってくれました。 あまり靴に興味がな ...

-相場, 米国不動産

Copyright© BUSINESS HACKER , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.